太宰府天満宮とは

天神さま(菅原道真公)をお祀りする全国約12,000社の総本宮と称えられ、「学問・至誠しせい・厄除けの神様」として、ご崇敬を集めています。


天神さまと太宰府天満宮

太宰府天満宮は、菅原道真すがわらのみちざね公の御墓所ごぼしょの上にご社殿を造営し、その御神霊おみたまを永久にお祀りしている神社です。 「学問・至誠しせい・厄除けの神様」として、日本全国はもとより広く世のご崇敬を集め、年間に約700万人の参拝者が訪れています。

成り立ち

道真公は、承和12年(845)に京都でお生まれになりました。幼少期より学問の才能を発揮され、努力を重ねられることで、一流の学者・政治家・文人としてご活躍なさいました。 しかし、無実ながら政略により京都から大宰府に流され、延喜3年(903)2月25日、道真公はお住まいであった大宰府政庁の南館(現在の榎社)において、ご生涯を終えられました。門弟であった味酒安行うまさけ やすゆきが御亡骸を牛車に乗せて進んだところ、牛が伏して動かなくなり、これは道真公の御心によるものであろうと、その地に埋葬されることとなりました。延喜5年(905)、御墓所の上に祀廟しびょうが創建され、延喜19年(919)には勅命により立派なご社殿が建立されました。 その後、道真公の無実が証明され、「天満大自在天神てんまだいじざいてんじん」という神様の御位を贈られ、「天神さま」と崇められるようになりました。

長い年月、道真公へのご崇敬は絶え間なく続き、御墓所でもある太宰府天満宮は全国約12,000社ある天神さまをお祀りする神社の総本宮と称えられ、今日でも多くの参拝者が訪れています。 


道真公のご生涯

道真公のご生涯

類まれなる才能の持ち主であり、人々から厚い信頼を得ていた菅原道真公。 政略による左遷など波乱万丈のご生涯を幼少期・青年期・壮年期・晩年期にわけてご紹介いたします。

道真公のご生涯


今に伝わる天神信仰

天神信仰は、時代とともにさまざまな変遷をとげてきました。そして現在、天神さまは世界中の人々からも親しまれています。 平安時代から現在に至るまで、その時代の人々とともに息づいてきたさまざまな天神信仰をご紹介いたします。

今に伝わる天神信仰


古都 大宰府の歴史

豊かな自然と歴史遺産に恵まれた太宰府市は、その約15%が史跡地に指定されています。 かつて「とお朝廷みかど」と呼ばれ栄華を極めた古都 大宰府の歴史と、今もその姿を留め太宰府天満宮周辺に現存する史跡をご紹介いたします。

古都 大宰府の歴史


天神さまのもとに集う人々

「学問・至誠しせい・厄除けの神様」として、私たち日本人の身近な生活の中に息づいている天神さま。 昔から地域ぐるみで、また個人単位で、天神さまをお慕いする集いがあります。 ご住所・年齢・性別を問わず、どなたでも簡単に参加することができる「学業講社」・「崇敬会」・「飛梅講社」などの集いをご紹介いたします。

天神さまのもとに集う人々


社報「飛梅」

天神さまと皆さまの架け橋として、当宮にまつわる歴史やお祭り・催しなど、天神信仰の「今」を広くお伝えしています。

ページの先頭へ戻る