お祭り・催し

斎田御田植祭

6月中旬

毎年6月上旬から中旬にかけて、これから斎田さいでんに植える稲穂が荒天や害虫などの被害にあわず、実りの秋を迎えて無事に収穫されるように祭典が執り行われ、あわせて巫女による「早乙女の舞」が古式ゆかしく奉納されます。
その後、宮司による初植えが行われ、続いてもんぺ姿の巫女や氏子たちが斎田に入り、5月1日に「斎田播種祭はしゅさい」でまかれた種籾たねもみより育った苗を植えます。

お問い合わせ 太宰府天満宮
TEL :
092-922-8225(9時~17時)

6月のお祭り・催しへもどる


おすすめのページ

受験合格・就職成就祈願
「学問の神様」と慕われる天神さまのご神徳をいただかれ、受験合格のさまざまな目標が達成できますよう祈願いたします。
受験合格・就職成就祈願
太宰府天満宮とアートの歴史
太宰府天満宮とアート、その繋がりはどこから来たのか?その歴史をご紹介します。
太宰府天満宮とアートの歴史
斎田抜穂祭
神々に稲穂の収穫を感謝し、宮司自らが石包丁で金色の稲穂を刈り取ります。
斎田抜穂祭

ページの先頭へ戻る