お祭り・催し

特別受験合格祈願大祭

10月18日(10月1日~31日:大祭期間)

「学問の神様」として広くご崇敬されている天神さま 菅原道真公は、幼少の頃より勉学に励まれ、元慶元年(877年)10月18日、33歳の若さにして、学者として最高の位であった文章博士もんじょうはかせになられました。
このことにちなみ、10月18日に「特別受験合格祈願大祭」が御本殿にて斎行されます。学業における大きな成果を上げられ、受験合格の目標を達成されますよう祈願いたします。


詳細

10月1日~31日を「特別受験合格祈願大祭」期間とし、当宮楼門を「登龍門」の故事になぞらえ、険しい龍門を登りきることができた鯉が飛龍に化すという伝説を、当宮と親交のある青森県の伝統文化「ねぶた」により装飾しております。
この門を通り抜け、受験生の皆さまとご家族の皆さまの努力や思いが実を結び、登龍門を進む龍のように難関を突破され、成功と幸福に満ちた豊かな人生を歩まれますようお祈り申し上げます。
また、受験合格祈願をお申し込みになられた方には、この期間だけの特別なご祈願祭を斎行し、登龍門伝説に因んだ限定の授与品(特別御札・特別御守・特別絵馬・掛け襟)を授与いたします。

継続してご祈願をご希望の方へ 学業講社のご案内

  • 開門時刻:6時30分
  • 閉門時刻:平日 19時00分

    金・土曜日  20時00分(楼門上の「飛龍天神ねぶた」のライトアップは20時00分まで)

特別受験合格/個人祈願
特別御札・特別御守・特別絵馬・掛け襟
初穂料 8,000円
特別受験合格/個人祈願
特別御(大・特別御守・特別絵馬・掛け襟
初穂料 15,000円
特別受験合格/団体祈願
特別御(大・特別絵(大・掛け襟
初穂料 20,000円
お問い合わせ 太宰府天満宮
TEL :
092-922-8225(9時~17時)

天神さまと登龍門

御本殿の欄間らんまには、鯉の背に乗り登龍門へと向かう文人の姿が彫刻されています。
登龍門の伝説では、険しい龍門を登りきることができた鯉が飛龍に化するとされ、龍は王者、すなわち人徳を兼ね備えた立派な人を指します。
天神さまのご生涯を登龍門伝説に重ねて、桃山時代に彫刻されたものです。

10月のお祭り・催しへもどる


おすすめのページ

節分厄除祈願大祭
当宮では、節分に合わせ、災や厄をお祓いする「節分厄除祈願大祭」が斎行されます。
節分厄除祈願大祭
太宰府天満宮とアートの歴史
太宰府天満宮とアート、その繋がりはどこから来たのか?その歴史をご紹介します。
太宰府天満宮とアートの歴史
学業上達・新入学祈願
「学問の神様」と慕われる天神さまの学びの力をいただかれ、身体健全で学業における大きな成果を上げられますよう祈願いたします。
学業上達・新入学祈願

ページの先頭へ戻る