お祭り・催し

神幸式大祭

9月20日~25日

平安時代の康和3年(1101)、大宰権帥 大江匡房おおえ まさふさにより始められ、天神さま 菅原道真公ご在世の往時を偲び、御神霊おみたまをお慰めするとともに、皇室のご安泰と国家の平安、さらには五穀豊穣を感謝する秋祭りで、当宮で最も大切なお祭りです。
往古の伝統を継承するこの「神幸式大祭」は、福岡県の無形民俗文化財に指定されています。


開催予定

秋分の日の前々日
15時00分
神幸式大祭始祭(御本殿)
秋分の日の前日
19時00分
出御祭(御本殿)・お下りの儀
22時00分頃
榎社着、浄妙尼社奉幣の儀、行宮献饌祭
秋分の日
15時00分
倭舞奉納
16時00分
お上りの儀、御発輿、天拝秘法
18時00分頃
浮殿献饌祭、竹曲・倭舞奉納
18時30分頃
還御の儀
19時00分頃
本殿還御祭(御本殿)
9月24日
19時00分
古式献饌祭(御本殿)
9月25日
11時00分
例祭(御本殿)
20時00分
千灯明、巫女神楽奉納

お下り・お上りの儀

道真公の御神霊を奉安した御神輿は、鐘と太鼓の音に導かれつつ、王朝絵巻さながらに美しい行列を整え、かつて道真公がお住まいであった榎社までの道のりを厳かに進みます。
御神輿は榎社に一夜ご滞在になられたあと、再び行列を整え、御本殿にお帰りになられます。


倭舞やまとまい竹曲たけのはやし

倭舞は倭神楽やまとかぐらともいい、4名の御巫みかんこで舞う神楽です。
その発祥は古く、平安時代末頃に京より大宰府へ下った惣市家そうのいちけの女性によって伝えられ、今日まで連綿と受け継がれています。
舞は、榊舞と鈴舞で、うたいは天神さまが詠まれた詩歌の三首と京風の数え歌があります。

「竹曲」を奉納する人々を六座ろくざと言います。
この六座は、当宮の門前で商いを行っていた人たちの業種別、代表六軒の集まりのことです。
当宮にそれぞれの営む商いの繁栄を祈念し奉納した芸能が、「竹曲」で、現在は福岡県の無形民俗文化財に指定されております。
奏楽そうがくうたい仕舞しまいは簡素ですが、古典芸術の品格を今に伝えています。


古式献饌祭こしきけんせんさい

24日の夜に斎行される「古式献饌祭」では、特別に調製された古式神饌をお供えします。
さらに、御本殿前にしつらえられた舞台では、巫女による神楽「浦安の舞」が奉納され、夜の祭典ならではの幻想的な雰囲気が感じられます。


千灯明せんとうみょう

25日の夜、心字池に巡らされた千本のローソクに火が灯され、天神さまの御神霊をお慰めする「千灯明」が行われます。また、御本殿前特設舞台では、巫女による神楽舞が奏上され、幽玄な世界へと誘います。

お問い合わせ 太宰府天満宮
TEL :
092-922-8225(9時~17時)

9月のお祭り・催しへもどる


おすすめのページ

太宰府天満宮の自然
天神の杜は四季折々にさまざまな花々や植物に彩られ、五感のすべてで生命の息吹を感じることができます。
太宰府天満宮の自然
天神さまのもとに集う人々
子供からお年寄りの方まで、多くの人々に慕われている天神さまの集いをご紹介します。
天神さまのもとに集う人々
七夕揮毫大会
「書の三聖」である天神さまのご神徳をいただかれ、書道上達の成果を発揮する「七夕揮毫大会」が執り行われます。
七夕揮毫大会

ページの先頭へ戻る