太宰府天満宮からのお知らせ

当宮からのお知らせをご確認いただけます。


令和3年9月22日

宝物殿「中村人形と太宰府天満宮」展のお知らせ

アート

現在、宝物殿では、創業大正6年(1917)の老舗中村人形四代の人形師に焦点を当てる「中村人形と太宰府天満宮」展を開催しています。
初代 筑阿弥(ちくあみ1897-1947)が博多人形を生業としてはじめた中村人形は、衍涯(えんがい1921-1992)、信喬(しんきょう1957-)、弘峰(ひろみね1986-)へ脈々と受け継がれてきました。
当宮では、境内の老樟を材料に信喬氏に依頼した御神牛像の他、信喬・弘峰親子による作品を収蔵しております。平成15年(2003)からは、干支鈴などの正月の縁起物は中村人形に手掛けていただいています。伝統工芸の世界に身を置きながら、作品を通して、古来変わらない人の祈りに時代の今を見出そうとする姿勢を前期・後期に分け、バラエティー豊かな内容でご紹介します。
前期は、本展のために信喬氏が天拝山への取材を経て取り組んだ、国家鎮護と自身の潔白を天に祈られた御祭神 菅原道真公のお姿「菅公天に祈る」の他、60点を展示し、後期は、弘峰氏による新作「花守」の他、弘峰氏の意匠による登龍門伝説にちなんだ御本殿の御帳と楼門の門柱幕が展示室に登場します。あわせて、信喬氏・弘峰氏による正月の干支鈴・置物・絵馬は通期でご覧いただけます。中村人形四代の作品が一堂に揃う初の展覧会をぜひお楽しみください。

写真:中村信喬 木彫「天神像」平成14年(2002)通期展示

チラシはこちら

前期作品リストはこちら

展覧会詳細はこちら

太宰府天満宮からのお知らせ 一覧


この記事をご覧になられた方は、以下の記事もご覧になっています。

令和3年11月18日

【自然情報】紅葉の美しい季節を迎えております

自然

令和2年3月17日

「境内美術館」サイト開設/ website 'Keidai Art Museum' opened

アート

令和2年2月16日

ピエール・ユイグ「ソトタマシイ」令和2年の公開について

アート


おすすめのページ

特別受験合格祈願大祭
当時学者として最高の位であった文章博士に登用されたことにちなみ、「特別受験合格祈願大祭」が斎行されます。
特別受験合格祈願大祭
今に伝わる天神信仰
時代と共に変遷してきた天神信仰。そして現在も、天神さまは世界中の人々から親しまれています。
今に伝わる天神信仰
菊花展
道真公が愛された菊の花が、人々の心を癒し魅了します。「菊花展」についてのご案内です。
菊花展

過去のお知らせ

令和3年
令和2年
令和1年
平成31年
平成30年
平成29年
平成28年
平成27年
平成26年
平成25年
平成24年
平成23年
  • 天神の杜ごよみ

ページの先頭へ戻る