太宰府天満宮からのお知らせ

当宮からのお知らせをご確認いただけます。


令和2年2月8日

「おみくじ」の色が梅をイメージした白色に変わりました。

お知らせ

"2月8日(土)より、梅をイメージした桃色から、同じく梅をイメージした白色に変わりました。

当宮は、四季折々の自然に囲まれており、季節ごとにさまざまな植物に彩られます。その豊かな自然を感じていただくため、当宮では年間を通して「おみくじ」の色を変えております。
この季節ごとに色が変わる「おみくじ」は、日本の伝統と先端技術を融合させた「日本らしさ」を持つ新しい日本の様式への試みとして評価され、平成18年に「新日本様式」100選に選ばれました。

当宮の境内には、約200種、約6,000本の白梅・紅梅があり、1月20日には御神木「飛梅」が開花しました。2月中旬頃から3月上旬まで一重、八重をはじめ豊富な種類の梅がそれぞれに時期を違えて見事に咲き、境内は芳しい梅の香りに包まれます。
四季を感じることができる当宮の中でも、この梅の時期は一年を通して最も香り豊かな季節です。梅の雰囲気漂う太宰府天満宮をどうぞお楽しみください。"

太宰府天満宮の自然 梅

2月のお祭り・催し

太宰府天満宮からのお知らせ 一覧


この記事をご覧になられた方は、以下の記事もご覧になっています。

令和2年6月6日

郵送によるご祈願・お守りのお申し込みについて

お知らせ

令和2年6月6日

新型コロナウイルス感染症対策について

お知らせ

令和2年5月27日

宝物殿の再開について(令和2年6月2日より)

お知らせ


おすすめのページ

アート
四季折々の自然、境内でのお祭りや催し、訪れる人々の表情など。当宮や太宰府の「今」を表現したアルバムギャラリーです。
アート
菊花展
道真公が愛された菊の花が、人々の心を癒し魅了します。「菊花展」についてのご案内です。
菊花展
太宰府天満宮とアートの歴史
太宰府天満宮とアート、その繋がりはどこから来たのか?その歴史をご紹介します。
太宰府天満宮とアートの歴史

過去のお知らせ

令和2年
令和1年
平成31年
平成30年
平成29年
平成28年
平成27年
平成26年
平成25年
平成24年
平成23年
  • 天神の杜ごよみ

ページの先頭へ戻る