太宰府天満宮からのお知らせ

当宮からのお知らせをご確認いただけます。


令和2年1月20日

【開花情報】御神木「飛梅」が開花しました。

自然

御神木「飛梅」が開花いたしました。
菅原道真公が大宰府へ出立の際「東風吹かば匂ひおこせよ梅の花あるじなしとて春な忘れそ」と和歌を詠まれ、紅梅殿の梅に別れを惜しまれつつ大宰府へ下られました。道真公を慕って都から大宰府へ一夜にして飛んできたと伝えられるのが、御本殿右側の御神木「飛梅」です。
当宮の境内には、約200種、約6,000本の白梅・紅梅があり、日本有数の梅の名所となっております。これらの梅は記念植樹やご奉納によって植えられたものがほとんどです。
今年の梅の開花は、2月中旬から3月中旬にかけてが見ごろと予想されます。これから一重、八重をはじめ豊富な種類の梅が見事に咲き、境内は芳しい梅の香りに包まれます。
どうぞ、これから迎える梅の時期に当宮へお越しください。

太宰府天満宮の自然 梅

2月のお祭り・催し

太宰府天満宮からのお知らせ 一覧



おすすめのページ

天神さまのもとに集う人々
子供からお年寄りの方まで、多くの人々に慕われている天神さまの集いをご紹介します。
天神さまのもとに集う人々
人生儀礼
人生のさまざまな節目には、天神さまに手を合わせ、お祈りを捧げましょう。
人生儀礼
太宰府天満宮とアートの歴史
太宰府天満宮とアート、その繋がりはどこから来たのか?その歴史をご紹介します。
太宰府天満宮とアートの歴史

過去のお知らせ

令和2年
令和1年
平成31年
平成30年
平成29年
平成28年
平成27年
平成26年
平成25年
平成24年
平成23年
  • 天神の杜ごよみ

ページの先頭へ戻る