太宰府天満宮からのお知らせ

当宮からのお知らせをご確認いただけます。


令和1年8月13日

宝物殿企画展「障碍の茶室Ⅵ-開かれた場所/開かれた茶室」について

アート

令和元年10月5日(土)~令和元年11月4日(月休)
「障碍の茶室Ⅵ-開かれた場所/開かれた茶室」
和田千秋+中村海坂+坂崎隆一

文化の神様として親しまれる太宰府天満宮は、古くから万人に開かれた所謂アートセンター的な役割を担ってきました。いつも時代の最先端の文化を受容し、ここを拠点として発信されてきた歴史があり、太宰府は多くの文化人を惹きつけてきました。初代福岡藩主黒田長政の父、黒田如水も天神さまを慕い、天満宮境内の草庵で茶道、連歌に耽ったと伝わっています。本展はそのような太宰府天満宮で、すべての人を平等に迎え入れてもてなすという、茶道の精神を前提に、美術家の和田千秋と坂崎隆一、茶人の中村海坂の3名により展開されてきた「障碍の茶室」を開催することで、様々な境界を飛び越えた開かれた茶室を提案するものです。
境内全体を茶室の庭と考え、宝物殿では当宮収蔵品の中から和田が選定した作品を鑑賞し、特設茶室への車椅子での往来の中で、境内の自然豊かな景色も楽しんでいただけることでしょう。さらに、週末開催の茶会で使用する什器や道具は、昨年開催の「障碍の茶室サポータープログラム」での検証を経て、再設計されます。

「障碍の茶室Ⅵ-開かれた場所/開かれた茶室」開催概要
展覧会会期:令和元年(2019)10月5日(土)~11月4日(月休)※10/14、11/4を除く月曜休館
開館時間:9時~16時30分(入館は16時まで)
会場:太宰府天満宮宝物殿 企画展示室
〒818-0117福岡県太宰府市宰府4-7-1 電話092-922-8225(代表9時~16時)
観覧料:一般400(300)円 高大生200(100)円 小中生100(50)円
※( )内は30名以上の団体料金、障害者手帳提示により付添者1名まで半額料金

昼の茶会開催日:10/5(土)、6(日)、12(土)、13(日)、14(月祝)、19(土)、20(日)、26(土)、27(日)、11/2(土)、3(日)、4(月休)
10時受付開始~15時最終受付、参加費500円(薄茶、菓子、宝物殿拝観料含む)、申込不要
※お菓子の数には限りがあります
会場:旧東屋(茶店)特設会場

夜のかがり火茶会開催日:10/19(土)、26(土)18時~、19時~ 各席10名ずつ
参加費1500円(濃茶、菓子他)、要申込(kenkyusyo@dazaifutenmangu.or.jp宛、①氏名、②電話番号、③19日か26日、④18時か19時を明記の上、お申込みください。定員に達し次第、受付終了)※10/26の18時、19時の席は共に定員に達しました
※夜のかがり火茶会の時間、宝物殿は開館していません
会場:旧東屋(茶店)特設会場

特別トーク 川浪千鶴(インディペンデント・キュレーター)×和田千秋(美術家)
日時:10月6日(日)14時~15時
会場:宝物殿地下講座室
※申込、参加費不要、会場に直接お越しください

主催:太宰府天満宮
助成:福岡県障がい者芸術文化活動推進費補助金
菓子提供:石村萬盛堂
協力:太宰府市社会福祉協議会、株式会社きさく工房

「障碍の茶室」について-アーティストステイトメント

チラシ表面

チラシ裏面

太宰府天満宮からのお知らせ 一覧



おすすめのページ

太宰府天満宮とアートの歴史
太宰府天満宮とアート、その繋がりはどこから来たのか?その歴史をご紹介します。
太宰府天満宮とアートの歴史
斎田御田植祭
稲穂が無事に秋の実りを迎えられるように、「斎田御田植祭」が斎行されます。
斎田御田植祭
学業上達・新入学祈願
「学問の神様」と慕われる天神さまの学びの力をいただかれ、身体健全で学業における大きな成果を上げられますよう祈願いたします。
学業上達・新入学祈願

過去のお知らせ

令和1年
平成31年
平成30年
平成29年
平成28年
平成27年
平成26年
平成25年
平成24年
平成23年
  • 天神の杜ごよみ

ページの先頭へ戻る