太宰府天満宮からのお知らせ

当宮からのお知らせをご確認いただけます。


平成31年4月18日

受け継がれる名筆-青山杉雨・髙木聖鶴・髙木聖雨 書展

お知らせ

御祭神・菅原道真公は空海、小野道風とともに「書の三聖」と称えられ、「書の神様」として信仰を集めてきました。太宰府天満宮では、毎年、献書祭、七夕揮毫大会、筆塚祭、「残菊の宴」中の「墨書の儀」の席上揮毫など、書にまつわる祭事や行事が行われるとともに、天神信仰に篤い書家の方々による多くの作品が、これまでに奉納されてきました。
このたび、御代替りの節目にあたり、昭和・平成の能書家である青山杉雨・髙木聖鶴、次代の書道界を牽引する髙木聖雨の初の三人展を開催いたします。本展では、髙木聖雨氏より揮毫・ご奉納いただいた、太宰府ゆかりの新元号「令和」の書の公開が実現いたしました。
日本、中国の書を研鑽した三氏の、筆致や造形、墨の濃淡や余白によって生み出される品格高く、秀麗でいて豪快な三様の世界観を、そして新しい時代へと受け継がれる名筆の数々をお楽しみください。

1、開催概要
企画展「受け継がれる名筆-青山杉雨・髙木聖鶴・髙木聖雨 書展」
平成31年4月21日(日)から9月29日(日)まで
午前9時から午後4時半まで(入館は4時まで)
拝観料:大人400(300)円、高大200(100)円、小中100(50)円
※()内は30名以上の団体料金、障害者手帳提示により付添者1名まで半額料金
2、休館日 
月曜日(祝日は開館)、7月9日(火)、10日(水)、9月17日(火)
3、主催/後援
太宰府天満宮/九州国立博物館、謙慎書道会、公益社団法人日本書芸院、読売新聞西部本社、太宰府市、太宰府市教育委員会、太宰府観光協会、天満宮参道会
4、会場
太宰府天満宮宝物殿第2、3展示室、作品数38点(会期中一部入替有)
5、問い合わせ先
太宰府天満宮文化研究所 〒818-0195 太宰府市宰府4-7-1 電話092-922-8225
kenkyusyo@dazaifutenmangu.or.jp

太宰府天満宮からのお知らせ 一覧


この記事をご覧になられた方は、以下の記事もご覧になっています。

令和3年1月16日

宝物殿拝観料と3館共通チケットのご利用について

宝物殿

令和3年1月14日

菅公歴史館の臨時休館について

お知らせ

令和3年1月3日

令和3年の神縁品(縁起物)郵送授与について

お知らせ


おすすめのページ

古都 大宰府の歴史
豊かな自然と多くの文化遺産に恵まれた大宰府の歴史、当宮周辺の史跡をご紹介します。
古都 大宰府の歴史
神幸式大祭
天神さまの御神霊をお慰めするとともに、皇室のご安泰と国家の平安、さらには五穀豊穣を感謝する秋祭りです。
神幸式大祭
ちびっ子夢ひろば
歌・踊り・舞など、夢にむかって頑張る子供たちの芸能発表会です。また、縁日コーナーもあり、楽しい一時を過ごすことができます。
ちびっ子夢ひろば

過去のお知らせ

令和3年
令和2年
令和1年
平成31年
平成30年
平成29年
平成28年
平成27年
平成26年
平成25年
平成24年
平成23年
  • 天神の杜ごよみ

ページの先頭へ戻る