太宰府天満宮からのお知らせ

当宮からのお知らせをご確認いただけます。


平成30年6月24日

7月7日(土)「七夕祭並びに七夕の宴」斎行

お祭り・催し

"7月7日(土)夕刻より、「七夕祭並びに七夕の宴」が斎行されます。
「七夕の宴」は、永承元年(1046)に大宰府官人によって催され、宮廷行事の特徴も色濃く残し、中世の頃まで盛大に行われていました。その後、幾度かの中断を経て、近年では昭和32年(1957)に再興され、学問、芸術などの文化の発展と除災招福などが祈念され、「七夕祭並びに七夕の宴」として斎行されています。
7月1日(日)より7月7日(土)まで、皆さまよりご奉納いただいた短冊が御本殿に下げられ、太鼓橋から楼門までの参道を七夕飾りで彩ります。また、七夕当日は、天神ひろばに特設舞台を設け、さまざまな催しを開催いたします。七夕当日の詳しい内容につきましては、下記の「平成30年度 七夕の宴チラシ」をダウンロードしてください。
この七夕の期間は、どうぞ浴衣で当宮へお越しください。"

平成30年度 七夕の宴チラシ【PDF】

「七夕祭並びに七夕の宴」について

太宰府天満宮からのお知らせ 一覧


この記事をご覧になられた方は、以下の記事もご覧になっています。

令和2年4月3日

行事中止のお知らせ

お知らせ

令和2年3月20日

4月4日(土)「厄晴れひょうたん焼納祭」斎行

お祭り・催し

令和2年3月2日

3月4日(水)「天開稲荷社初午祭」斎行

お祭り・催し


おすすめのページ

太宰府天満宮とアートの歴史
太宰府天満宮とアート、その繋がりはどこから来たのか?その歴史をご紹介します。
太宰府天満宮とアートの歴史
斎田抜穂祭
神々に稲穂の収穫を感謝し、宮司自らが石包丁で金色の稲穂を刈り取ります。
斎田抜穂祭
宝物殿
宝物殿では、道真公にまつわる宝物をはじめ、約5万点の文化財を収蔵・展示しています。
宝物殿

過去のお知らせ

令和2年
令和1年
平成31年
平成30年
平成29年
平成28年
平成27年
平成26年
平成25年
平成24年
平成23年
  • 天神の杜ごよみ

ページの先頭へ戻る