天神の杜ごよみ

太宰府天満宮で行われるお祭り・催しなどをご紹介いたします。

令和1年

1日(日)

天開稲荷社月次祭

2日(月)

3日(火)

4日(水)

5日(木)

6日(金)

7日(土)

8日(日)

9日(月)
重陽の節句

10日(火)

戌の日

11日(水)

12日(木)

13日(金)

14日(土)

15日(日)

16日(月)
敬老の日

17日(火)

18日(水)

19日(木)

中島神社月次祭

20日(金)

21日(土)

神幸式大祭期間 9月21日(土)9月25日(水)

「神幸式大祭」は、道真公ご在世の往時を偲び、御神霊(おみたま)をお慰めするとともに、皇室のご安泰と国家の平安、さらには五穀豊穣を感謝する秋祭りです。

22日(日)

戌の日

道真公の御神霊を奉安した御神輿が鐘と太鼓の音に導かれつつ、王朝絵巻さながらに約500人の奉仕の人々が美しい行列を整え、かつて道真公がお住まいであった榎社までの道のりを厳かに進みます。

池坊華展

神幸式大祭神楽太鼓奉納 9月22日(日)9月23日(月)

神幸式大祭期間中、天神ひろばにおきまして、奉祝の神楽奉納や太鼓演奏などが行われ、大変な賑わいを見せます。

23日(月)
秋分の日

道真公の御神霊を奉安した御神輿が鐘と太鼓の音に導かれつつ、王朝絵巻さながらに約500人の奉仕の人々が美しい行列を再び整え、榎社より御本殿にお帰りになられます。

池坊華展

神幸式大祭神楽太鼓奉納 9月22日(日)9月23日(月)

神幸式大祭期間中、天神ひろばにおきまして、奉祝の神楽奉納や太鼓演奏などが行われ、大変な賑わいを見せます。

24日(火)

19時より御本殿にて執り行われます。
特別に調製された古式神饌をお供えされる祭典です。

25日(水)

11時より御本殿にて執り行われます。
当宮のお祭りの中で最も大切な祭典です。

20時より心字池にて執り行われます。
心字池に巡らされた千本のローソクに火が灯され、天神さまの御神霊をお慰めします。水面に映えるローソクの灯りに包まれた水上舞台では、巫女による神楽舞が奏上され、幽玄な世界へと誘います。

神幸式大祭期間 9月21日(土)9月25日(水)

「神幸式大祭」は、道真公ご在世の往時を偲び、御神霊(おみたま)をお慰めするとともに、皇室のご安泰と国家の平安、さらには五穀豊穣を感謝する秋祭りです。

26日(木)

27日(金)

28日(土)

29日(日)

母子像秋祭

30日(月)


おすすめのページ

アート
四季折々の自然、境内でのお祭りや催し、訪れる人々の表情など。当宮や太宰府の「今」を表現したアルバムギャラリーです。
アート
七夕揮毫大会
「書の三聖」である天神さまのご神徳をいただかれ、書道上達の成果を発揮する「七夕揮毫大会」が執り行われます。
七夕揮毫大会
七夕の宴
御門内には二万本以上もの短冊が下げられ、太鼓橋から御本殿までの参道を七夕飾りで彩ります。
七夕の宴

ページの先頭へ戻る