宝物殿 企画展示室

展示室の情報をお知らせいたします。

太宰府天満宮所蔵品展

●開催期間
令和1年11月5日(火)~令和2年3月31日(火)

太宰府天満宮の御祭神 菅原道真公(天神さま)は、「学問の神様」のほか、「文化・芸術の神様」として、古くから崇められています。
天神さまのもとには、いつも時代の最先端の文化・アートが集まり、道真公御真筆、御佩刀、国宝「翰苑」をはじめとする古文書や工芸品などの宝物を核として、約5万点のコレクションを形成しています。
太宰府天満宮は、この文化・アートの守り神としての天神さまのお姿を現代に継承し、広く伝えるために、平成18年(2006)から太宰府天満宮アートプログラムを展開しています。国籍やジャンルを越えて内外からの才能を集めることで、現代文化の多様性を呈示するこのプログラムは、百年、千年先の未来を見据えた太宰府天満宮の姿勢を、世界に向けて具体的に発信するものです。そのような文脈において天満宮と世の中の今を映す現代アートは、とても自然な関係で結ばれていると言え、この神社のためのユニークな作品を発表するアートプログラムと並行して、天満宮では現代アートを積極的に収集しています。
ここでは、太宰府天満宮の所蔵品の民俗資料、絵画、写真、陶芸の中から、24件を紹介いたします。また、境内には、恒久設置された作品もあります。太宰府天満宮は境内のあちこちで、アートを体験できる場所、まさに、境内全体が美術館なのです。
「境内美術館アートマップ」を手に、境内を散策されてみるのはいかがでしょうか。

※写真「暦」神戸智行、平成23年(2011)
※会期、内容は変更することがあります


年間スケジュール

フィンランド・テキスタイルアート~季節が織りなす光と影

●開催期間:平成25年12月1日(日)~平成25年3月10日(日)

「フィンランド・テキスタイルアート~季節が織りなす光と影」公式サイト

アートプログラムvol.8 Simon Fujiwara 'The Problem of the Rock'

●開催期間:平成25年3月24日(日)~平成25年6月30日(日)

アートプログラム vol.8 サイモン・フジワラ「The Problem of the Rock」開催のご案内

第20回青沼茜雲 神に捧げた絵画展ー曲水の宴ー

●開催期間:平成25年7月6日(土)~平成25年8月4日(日)

詳細をみる 【PDF】

天神さまと連歌

●開催期間:平成25年8月8日(木)~平成25年10月14日(月)

企画展「天神さまと連歌」について

竈門神社肇祀1350年記念 山の神々–九州の霊峰と神祇信仰–

●開催期間:平成25年10月20日(日)~平成25年12月1日(日)

詳細をみる 【PDF】

「竈門神社肇祀1350年記念 山の神々–九州の霊峰と神祇信仰–」について

伊勢神宮式年遷宮奉祝 井上雄彦『承』特別公開

●開催期間(会期中無休):平成26年1月18日(土)~平成26年2月16日(日)

詳細をみる 【PDF】

伊勢神宮式年遷宮奉祝 井上雄彦『承』特別公開について

永遠なる梅

●開催期間:平成25年12月8日(日)~平成26年4月20日(日)

詳細をみる 【PDF】

神さまはどこ?酒井咲帆・前田景 写真展

●開催期間:平成26年4月26日(土)~平成26年9月7日(日)

「神さまはどこ?酒井咲帆・前田景 写真展」特設サイト

西島伊三雄の世界

詳細をみる 【PDF】

伊勢神宮第62回式年遷宮記念 青沼茜雲 神宮に捧げた絵画展

●開催期間:平成26年12月6日(土)~平成27年1月18日(日)

詳細をみる 【PDF】

A hint of DAP-これまでの太宰府天満宮アートプログラム

詳細をみる 【PDF】

太宰府天満宮アートプログラムについて

ホンマタカシ「Seeing Itself-見えないものを見る」

太宰府天満宮アートプログラムvol.9 ホンマタカシ「Seeing Itself-見えないものを見る」

書の神様・天神さまへの献書展

●開催期間(予定):平成27年8月31日(月)~平成28年1月31日(日)

おぼろげにうかびあがるもの- 太宰府天満宮アートコレクションから

詳細をみる 【PDF】

OTANI NIEUWENHUIZE/オータニ・ニューウェンハウゼ

OTANI NIEUWENHUIZEウェブサイト

第22回 青沼茜雲展「神に捧げた絵画」
鹿児島睦の造形展

●開催期間:平成29年1月28日(土)~平成29年3月12日(日)

#鹿児島睦展

天満宮日本画コレクション展ー四季の植物ー

●開催期間:平成29年3月18日(土)~平成29年5月7日(日)

ライアン・ガンダー展-太宰府天満宮コレクションより

詳細をみる 【PDF】

第6回太宰府天満宮アートプログラム特設サイト

「漢字の美」2016世界青年デザインコンテスト優秀作品国際巡回展

●開催期間:平成29年7月31日(月)~平成29年9月3日(日)

詳細をみる 【PDF】

右近正枝書展『萬葉集』ー筑紫の歌の世界

●開催期間:平成29年9月9日(土)~平成29年11月19日(日)

天満宮境内の変遷ーアートプログラムvol.10 ピエール・ユイグ「ソトタマシイ」関連展示

●開催期間:平成29年11月26日(日)~平成30年5月6日(日)

ピエール・ユイグ「ソトタマシイ」Facebookページはこちら

石本藤雄 陶展「実のかたち」

太宰府、フィンランド、夏の気配。公式サイトはこちら

神戸智行展-太宰府天満宮コレクションより

太宰府天満宮アートプログラムについて

応天の門展

「応天の門展」公式ウェブサイト

受け継がれる名筆-青山杉雨・髙木聖鶴・髙木聖雨 書展
障碍の茶室Ⅵ-開かれた場所/開かれた茶室

「障碍の茶室Ⅵ-開かれた場所/開かれた茶室」の概要

太宰府天満宮所蔵品展

●開催期間:令和1年11月5日(火)~令和2年3月31日(火)


その他の展示室

第1展示室

太宰府天満宮が御祭神・菅原道真公(天神さま)の祀廟として創建され千百余年、その悠久なる歴史の中で天満宮は、平安時代からの庶民による信仰はもとより、大宰府官人や武将による庇護を受け、文化人・学者の聖地として崇められてきました。また、幕末の志士が集い維新の策源地となるなど、それぞれの時代で人々の精神的な拠り所かつ政治的な要所としての役割を担ってきました。宝物殿第1展示室では、所蔵品展「天神さまへの献上品」を開催いたします。
戦国武将豊臣秀吉や小早川隆景、黒田如水の書状(重要文化財)、大谷刑部吉継寄進の大鏡(福岡県指定)、そして幕末の公家三条実美の和歌など、天神信仰の証として天満宮に奉納された品々をはじめ、大切に伝えられてきた貴重な資料を紹介します。

写真:「鶴亀文掛鏡」文禄2年(1593)福岡県指定文化財

第2展示室

道真公は幼少より文才に恵まれ、生涯数多くの叙情豊かな詩を詠まれたことから、「学問の神様」そして「和歌・連歌の神様」として崇敬されてきました。  
 室町時代から江戸時代の境内図には、「会所人丸」「連歌屋」
など、和歌や連歌に関係する場所を示す建造物の表記がみられる他、歌人や連歌師の歌集や日記には、天満宮への参詣の様子や、天神さまを慕って詠んだ詩が記されています。
 一方で、戦国武将は、天神さまの御神徳を仰ぎ、戦勝や領国支配の祈願をこめて、連歌を興行・奉納をしていました。
 また、天満宮に仕える社家たちにとっても、日々の祈祷や人々との交流に和歌や連歌は欠かせないものでした。公家と和歌のやりとりをしたり、藩主が催す連歌会に参加したりと、天満宮に伝わる資料からは、社家たちの日常が浮かび上がります。
 本展では、各時代の人々が寄せた天神さまへの崇敬心や天満宮に向けられた憧憬、そして天満宮と和歌・連歌の繋がりを、天神さまや天満宮にゆかりのある歌、漢詩、連歌ほか関係資料を通して紹介いたします。
 
 さらに、同室では、「万葉集~大宰府の歌を中心に~」とし、『万葉集』の中でも際立った歌群として光彩を放つ「梅花の宴」で詠まれた「梅花の歌」、そして元号「令和」の典拠となった「梅花の歌三十二首序文」、さらに遠い奈良への望郷や我が子を思う歌、大宰府を発つ際の別れの歌など、自然豊かで心情溢れる歌の数々を、書家 髙木聖鶴、右近正枝の作品により紹介します。
 太宰府が「万葉のふるさと」といわれる所以を感じていただけると幸いです。

写真:「瓜食めば」「銀も」(万葉集巻5、山上憶良)
右近正枝 筆、平成28年(2016) 


おすすめのページ

天神の森スケッチ大会
境内の自然に触れながら、スケッチを楽しんでみませんか?「天神の森スケッチ大会」のご案内です。
天神の森スケッチ大会
神幸式神楽太鼓奉納
「神幸式大祭」を奉祝し、天神ひろばにて各地域に伝わる神楽や太鼓演奏のご奉納が行われます。
神幸式神楽太鼓奉納
境内のご案内
当宮に訪れる皆さまへ、境内の見どころをご案内します。
境内のご案内

ページの先頭へ戻る