宝物殿 企画展示室

展示室の情報をお知らせいたします。

受け継がれる名筆-青山杉雨・髙木聖鶴・髙木聖雨 書展

御祭神・菅原道真公は空海、小野道風とともに「書の三聖」と称えられ、「書の神様」として信仰を集めてきました。太宰府天満宮では、毎年、献書祭、七夕揮毫大会、筆塚祭、「残菊の宴」中の「墨書の儀」の席上揮毫など、書にまつわる祭事や行事が行われるとともに、天神信仰に篤い書家の方々による多くの作品が、これまでに奉納されてきました。
このたび、御代替りの節目にあたり、昭和・平成の能書家である青山杉雨・髙木聖鶴、次代の書道界を牽引する髙木聖雨の初の三人展を開催いたします。本展では、髙木聖雨氏より揮毫・ご奉納いただいた、太宰府ゆかりの新元号「令和」の書の公開が実現いたしました。
日本、中国の書を研鑽した三氏の、筆致や造形、墨の濃淡や余白によって生み出される品格高く、秀麗でいて豪快な三様の世界観を、そして新しい時代へと受け継がれる名筆の数々をお楽しみください。

1、開催概要
企画展「受け継がれる名筆-青山杉雨・髙木聖鶴・髙木聖雨 書展」
平成31年4月21日(日)から9月29日(日)まで
午前9時から午後4時半まで(入館は4時まで)
拝観料:大人400(300)円、高大200(100)円、小中100(50)円
※()内は30名以上の団体料金、障害者手帳提示により付添者1名まで半額料金
2、休館日 
月曜日(祝日は開館)、7月9日(火)、10日(水)
3、主催/後援
太宰府天満宮/九州国立博物館、謙慎書道会、公益社団法人日本書芸院、読売新聞西部本社、太宰府市、太宰府市教育委員会、太宰府観光協会、天満宮参道会
4、会場
太宰府天満宮宝物殿第2、3展示室、作品数38点(会期中一部入替有)
5、問い合わせ先
太宰府天満宮文化研究所 〒818-0195 太宰府市宰府4-7-1 電話092-922-8225
kenkyusyo@dazaifutenmangu.or.jp


年間スケジュール

フィンランド・テキスタイルアート~季節が織りなす光と影

●開催期間:平成25年12月1日(日)~平成25年3月10日(日)

「フィンランド・テキスタイルアート~季節が織りなす光と影」公式サイト

アートプログラムvol.8 Simon Fujiwara 'The Problem of the Rock'

●開催期間:平成25年3月24日(日)~平成25年6月30日(日)

アートプログラム vol.8 サイモン・フジワラ「The Problem of the Rock」開催のご案内

第20回青沼茜雲 神に捧げた絵画展ー曲水の宴ー

●開催期間:平成25年7月6日(土)~平成25年8月4日(日)

詳細をみる 【PDF】

天神さまと連歌

●開催期間:平成25年8月8日(木)~平成25年10月14日(月)

企画展「天神さまと連歌」について

竈門神社肇祀1350年記念 山の神々–九州の霊峰と神祇信仰–

●開催期間:平成25年10月20日(日)~平成25年12月1日(日)

詳細をみる 【PDF】

「竈門神社肇祀1350年記念 山の神々–九州の霊峰と神祇信仰–」について

伊勢神宮式年遷宮奉祝 井上雄彦『承』特別公開

●開催期間(会期中無休):平成26年1月18日(土)~平成26年2月16日(日)

詳細をみる 【PDF】

伊勢神宮式年遷宮奉祝 井上雄彦『承』特別公開について

永遠なる梅

●開催期間:平成25年12月8日(日)~平成26年4月20日(日)

詳細をみる 【PDF】

神さまはどこ?酒井咲帆・前田景 写真展

●開催期間:平成26年4月26日(土)~平成26年9月7日(日)

「神さまはどこ?酒井咲帆・前田景 写真展」特設サイト

西島伊三雄の世界

詳細をみる 【PDF】

伊勢神宮第62回式年遷宮記念 青沼茜雲 神宮に捧げた絵画展

●開催期間:平成26年12月6日(土)~平成27年1月18日(日)

詳細をみる 【PDF】

A hint of DAP-これまでの太宰府天満宮アートプログラム

詳細をみる 【PDF】

太宰府天満宮アートプログラムについて

ホンマタカシ「Seeing Itself-見えないものを見る」

太宰府天満宮アートプログラムvol.9 ホンマタカシ「Seeing Itself-見えないものを見る」

書の神様・天神さまへの献書展

●開催期間(予定):平成27年8月31日(月)~平成28年1月31日(日)

おぼろげにうかびあがるもの- 太宰府天満宮アートコレクションから

詳細をみる 【PDF】

OTANI NIEUWENHUIZE/オータニ・ニューウェンハウゼ

OTANI NIEUWENHUIZEウェブサイト

第22回 青沼茜雲展「神に捧げた絵画」
鹿児島睦の造形展

●開催期間:平成29年1月28日(土)~平成29年3月12日(日)

#鹿児島睦展

天満宮日本画コレクション展ー四季の植物ー

●開催期間:平成29年3月18日(土)~平成29年5月7日(日)

ライアン・ガンダー展-太宰府天満宮コレクションより

詳細をみる 【PDF】

第6回太宰府天満宮アートプログラム特設サイト

「漢字の美」2016世界青年デザインコンテスト優秀作品国際巡回展

●開催期間:平成29年7月31日(月)~平成29年9月3日(日)

詳細をみる 【PDF】

右近正枝書展『萬葉集』ー筑紫の歌の世界

●開催期間:平成29年9月9日(土)~平成29年11月19日(日)

天満宮境内の変遷ーアートプログラムvol.10 ピエール・ユイグ「ソトタマシイ」関連展示

●開催期間:平成29年11月26日(日)~平成30年5月6日(日)

ピエール・ユイグ「ソトタマシイ」Facebookページはこちら

石本藤雄 陶展「実のかたち」

太宰府、フィンランド、夏の気配。公式サイトはこちら

神戸智行展-太宰府天満宮コレクションより

太宰府天満宮アートプログラムについて

応天の門展

「応天の門展」公式ウェブサイト

受け継がれる名筆-青山杉雨・髙木聖鶴・髙木聖雨 書展

その他の展示室

第1展示室

【太宰府天満宮宝物殿小企画「神社に奉納された名刀展」】
古来、人々は自らにとって最も価値あるものを、願いを込めて大切な節目に神様に奉納してきました。本展では、神社に伝わる刀の中でも特に、奉納された名刀に焦点をあててご紹介いたします。
作刀の技術や文化は世界各地に存在していますが、中でも日本刀は一振にかかる工程の複雑さや、刀匠たちの高度な技術力を駆使した精巧な作りから、絶大な称賛と評価を得ています。日本において刀は、武器という側面だけでなく、三種の神器の一つに数えられるように、聖なるもの、信仰の対象でもあり特別な存在でした。
文化芸術の聖地であり、令和ゆかりの地でもある太宰府で開催される本展を通して、時代の移ろいの中で、様々な変遷をたどった名刀の歴史や伝承はもとより、人々が神様に捧げた刀に託した想いと未来への祈りを感じていただければ幸いです。

写真:短刀銘「村正」
撮影:山﨑信一

【開催概要】
1、開催期間
会期:令和元年(2019)7月11日(木)~11月4日(月休)
午前9時から午後4時半まで(入館は4時まで)
※7月24日(水)、25日(木)は「夏の天神まつり」開催につき、午後7時まで開館(入館は6時半まで)
拝観料:大人400(300)円、高大200(100)円、小中100(50)円
※()内は30名以上の団体料金、障害者手帳提示により付添者1名まで半額料金

2、休館日 
月曜日(祝休日は開館)

3、会場
太宰府天満宮宝物殿第1展示室

4、特別協力
阿蘇神社、ニトロプラス

5、後援
九州国立博物館

6、期間限定特別展示
「阿蘇神社復興支援-よみがえった宝刀蛍丸」
会期:7月11日(木)~9月1日(日)

熊本地震で被災した阿蘇神社の復興を支援する取り組みとして、阿蘇氏に代々伝わり、後に肥後国一宮 阿蘇神社の宝刀として秘蔵されながらも、戦後所在不明となった宝刀「蛍丸」の復元刀の真打と影打を期間限定で同時公開します

復元された「蛍丸」写し
太刀 銘 来国俊 阿蘇神社御神前/房幸房興 永仁五年三月一日 平成丁酉歳清明写也
平成29年(2017)

【7月11日(木)~7月28日(日)】
・真打(阿蘇神社蔵)

【7月11日(木)~9月1日(日)】
・影打(ニトロプラス蔵)

阿蘇神社境内の復興、復旧の様子を伝える写真や「蛍丸」関連パネルおよび「刀剣乱舞-ONLINE-」刀剣男士 蛍丸の等身大パネル設置、さらに今年の「AnimeJapan 2019」にて販売されたチャリティーアイテム「蛍丸 極A4クリアファイル」(収益の一部を阿蘇神社に寄付)を以下の要領で販売します。
・販売場所:宝物殿ミュージアムショップ
・販売開始時間:午前9時
・クリアファイルは、お一人様につき、3枚まで購入いただけます。
※販売状況により2枚、1枚と限らせていただく可能性がございますので、予めご了承ください。

また、7月13日(土)午後12時半~午後1時15分には「刀剣乱舞-ONLINE-」宣伝隊長おっきい こんのすけさんが太宰府天満宮に来社し、宝物殿前にて撮影会を行います。


7、主な展示品
【7月11日(木)~8月25日(日)】
菅原道真公の御佩刀
毛抜形太刀 伝天国 平安時代 重要文化財
福岡市博物館特別展「侍」~もののふの美の系譜~The Exhibition of SAMURAI<9月7日(土)~11月4日(月休)>にて毛抜形太刀が展示されます

【9月3日(火)~11月4日(月休)】
明治天皇天覧
太刀 銘 俊次 鎌倉時代 重要文化財

【全期公開】
幕末の公家奉納
刀 銘 長門国萩住永弘 文久三癸亥十二月吉日/二王直清(花押)江戸時代 三条実美奉納
短刀 銘 村正 室町時代 三条実美奉納
刀 銘 丹波守吉道 江戸時代 東久世通禧奉納
太宰府の刀工金剛兵衛
脇差 銘 源盛高/八月日 室町時代

以上、会期中全15点公開
※内容は変更になることがあります

8、問い合わせ先
太宰府天満宮文化研究所 〒818-0195 太宰府市宰府4-7-1 
電話 092-922-8551(午前9時~午後4時)
ファックス 092-920-5556
https://www.dazaifutenmangu.or.jp/


≪おとなり、九州国立博物館でも名刀展示中≫
【7月13日(土)~9月1日(日)】
特別展「室町将軍-戦乱と美の足利15代-」
国宝 太刀 銘 長光(名物大般若長光)鎌倉時代、東京国立博物館蔵

【6月4日(火)~7月15日(月祝)】
文化交流展示室(第11室)「新収品展Part 2」
国宝 刀 無銘 則房 鎌倉時代、九州国立博物館蔵

【6月6日(水)~8月25日(日)】
文化交流展示室(4テーマ)
刀 銘 九州肥後同田貫上野介(王貞治氏寄贈)安土桃山時代~江戸時代初期、九州国立博物館蔵

第2展示室

御祭神・菅原道真公は空海、小野道風とともに「書の三聖」と称えられ、「書の神様」として信仰を集めてきました。太宰府天満宮では、毎年、献書祭、七夕揮毫大会、筆塚祭、「残菊の宴」中の「墨書の儀」の席上揮毫など、書にまつわる祭事や行事が行われるとともに、天神信仰に篤い書家の方々による多くの作品が、これまでに奉納されてきました。
このたび、御代替りの節目にあたり、昭和・平成の能書家である青山杉雨・髙木聖鶴、次代の書道界を牽引する髙木聖雨の初の三人展を開催いたします。本展では、髙木聖雨氏より揮毫・ご奉納いただいた、太宰府ゆかりの新元号「令和」の書の公開が実現いたしました。
日本、中国の書を研鑽した三氏の、筆致や造形、墨の濃淡や余白によって生み出される品格高く、秀麗でいて豪快な三様の世界観を、そして新しい時代へと受け継がれる名筆の数々をお楽しみください。

1、開催概要
企画展「受け継がれる名筆-青山杉雨・髙木聖鶴・髙木聖雨 書展」
平成31年4月21日(日)から9月29日(日)まで
午前9時から午後4時半まで(入館は4時まで)
拝観料:大人400(300)円、高大200(100)円、小中100(50)円
※()内は30名以上の団体料金、障害者手帳提示により付添者1名まで半額料金
2、休館日 
月曜日(祝日は開館)、7月9日(火)、10日(水)
3、主催/後援
太宰府天満宮/九州国立博物館、謙慎書道会、公益社団法人日本書芸院、読売新聞西部本社、太宰府市、太宰府市教育委員会、太宰府観光協会、天満宮参道会
4、会場
太宰府天満宮宝物殿第2、3展示室、作品数38点(会期中一部入替有)
5、問い合わせ先
太宰府天満宮文化研究所 〒818-0195 太宰府市宰府4-7-1 電話092-922-8225
kenkyusyo@dazaifutenmangu.or.jp


おすすめのページ

太宰府天満宮とアートの歴史
太宰府天満宮とアート、その繋がりはどこから来たのか?その歴史をご紹介します。
太宰府天満宮とアートの歴史
七夕の宴
御門内には二万本以上もの短冊が下げられ、太鼓橋から御本殿までの参道を七夕飾りで彩ります。
七夕の宴
ご祈願・お守り
当宮では、皆さまのお願いごとが叶いますよう、さまざまな祈願祭を斎行しております。
ご祈願・お守り

ページの先頭へ戻る