宝物殿 企画展示室

展示室の情報をお知らせいたします。

中村人形と太宰府天満宮

前期:令和3年9月18日~12月7日(火)
後期:12月11日(土)~令和4年3月13日(日)

太宰府天満宮宝物殿では、創業大正6年(1917)の老舗中村人形四代の人形師に焦点を当てる企画展「中村人形と太宰府天満宮」を開催します。
初代 筑阿弥(1897-1947)が博多人形を生業としてはじめた中村人形は、衍涯(1921-1992)、信喬(1957-)、弘峰(1986-)へと脈々と受け継がれてきました。博多人形は、慶長5年(1600)の黒田長政の筑前入国に伴い、集められた陶工たちが生み出したのが原点と伝わります。素焼きに着彩という大原則の他は作り手に委ねられるというその大らかな土壌は、確かな技術と精神を受け継ぎ、時代とともに変化することを是とする中村人形の理念を醸成してきたのです。さらに、近年創作の場は国内外に広がり、その型に収まらない人形のありように熱い視線が注がれています。
当宮では、境内の樟を材料に信喬氏に依頼した御神牛像をはじめ、信喬・弘峰親子による作品を収蔵してきました。さらに、平成15年(2003)からは、干支の土鈴などの正月の縁起物を中村人形に手掛けていただいています。伝統工芸の世界に身を置きながら、作品を通して、古来変わらない人の祈りに時代の今を見出そうとする中村人形に通底する姿勢を前期、後期に分け、バラエティー豊かな内容でご紹介いたします。

写真:中村弘峰「影向」前期展示


年間スケジュール

フィンランド・テキスタイルアート~季節が織りなす光と影

●開催期間:平成25年12月1日(日)~平成25年3月10日(日)

「フィンランド・テキスタイルアート~季節が織りなす光と影」公式サイト

アートプログラムvol.8 Simon Fujiwara 'The Problem of the Rock'

●開催期間:平成25年3月24日(日)~平成25年6月30日(日)

アートプログラム vol.8 サイモン・フジワラ「The Problem of the Rock」開催のご案内

第20回青沼茜雲 神に捧げた絵画展ー曲水の宴ー

●開催期間:平成25年7月6日(土)~平成25年8月4日(日)

詳細をみる 【PDF】

天神さまと連歌

●開催期間:平成25年8月8日(木)~平成25年10月14日(月)

企画展「天神さまと連歌」について

竈門神社肇祀1350年記念 山の神々–九州の霊峰と神祇信仰–

●開催期間:平成25年10月20日(日)~平成25年12月1日(日)

詳細をみる 【PDF】

「竈門神社肇祀1350年記念 山の神々–九州の霊峰と神祇信仰–」について

伊勢神宮式年遷宮奉祝 井上雄彦『承』特別公開

●開催期間(会期中無休):平成26年1月18日(土)~平成26年2月16日(日)

詳細をみる 【PDF】

伊勢神宮式年遷宮奉祝 井上雄彦『承』特別公開について

永遠なる梅

●開催期間:平成25年12月8日(日)~平成26年4月20日(日)

詳細をみる 【PDF】

神さまはどこ?酒井咲帆・前田景 写真展

●開催期間:平成26年4月26日(土)~平成26年9月7日(日)

「神さまはどこ?酒井咲帆・前田景 写真展」特設サイト

西島伊三雄の世界

詳細をみる 【PDF】

伊勢神宮第62回式年遷宮記念 青沼茜雲 神宮に捧げた絵画展

●開催期間:平成26年12月6日(土)~平成27年1月18日(日)

詳細をみる 【PDF】

A hint of DAP-これまでの太宰府天満宮アートプログラム

詳細をみる 【PDF】

太宰府天満宮アートプログラムについて

ホンマタカシ「Seeing Itself-見えないものを見る」

太宰府天満宮アートプログラムvol.9 ホンマタカシ「Seeing Itself-見えないものを見る」

書の神様・天神さまへの献書展

●開催期間(予定):平成27年8月31日(月)~平成28年1月31日(日)

おぼろげにうかびあがるもの- 太宰府天満宮アートコレクションから

詳細をみる 【PDF】

OTANI NIEUWENHUIZE/オータニ・ニューウェンハウゼ

OTANI NIEUWENHUIZEウェブサイト

第22回 青沼茜雲展「神に捧げた絵画」
鹿児島睦の造形展

●開催期間:平成29年1月28日(土)~平成29年3月12日(日)

#鹿児島睦展

天満宮日本画コレクション展ー四季の植物ー

●開催期間:平成29年3月18日(土)~平成29年5月7日(日)

ライアン・ガンダー展-太宰府天満宮コレクションより

詳細をみる 【PDF】

第6回太宰府天満宮アートプログラム特設サイト

「漢字の美」2016世界青年デザインコンテスト優秀作品国際巡回展

●開催期間:平成29年7月31日(月)~平成29年9月3日(日)

詳細をみる 【PDF】

右近正枝書展『萬葉集』ー筑紫の歌の世界

●開催期間:平成29年9月9日(土)~平成29年11月19日(日)

天満宮境内の変遷ーアートプログラムvol.10 ピエール・ユイグ「ソトタマシイ」関連展示

●開催期間:平成29年11月26日(日)~平成30年5月6日(日)

ピエール・ユイグ「ソトタマシイ」Facebookページはこちら

石本藤雄 陶展「実のかたち」

太宰府、フィンランド、夏の気配。公式サイトはこちら

神戸智行展-太宰府天満宮コレクションより

太宰府天満宮アートプログラムについて

応天の門展

「応天の門展」公式ウェブサイト

受け継がれる名筆-青山杉雨・髙木聖鶴・髙木聖雨 書展
障碍の茶室Ⅵ-開かれた場所/開かれた茶室

「障碍の茶室Ⅵ-開かれた場所/開かれた茶室」の概要

太宰府天満宮所蔵品展

●開催期間:令和1年11月5日(火)~令和2年3月8日(日)

青沼茜雲傑作展「令和の黎明を写す」

●開催期間:令和2年1月30日(木)~令和2年3月13日(金)

詳細をみる 【PDF】

愛でたいもの-太宰府天満宮ニューアートコレクションより

境内美術館へはこちらから

写真のかたち-太宰府天満宮アートコレクションより

詳細をみる 【PDF】

ホンマタカシ「鬼と白い馬」

ホンマタカシ「Tokyo and My Daughter」 展示について

中村人形と太宰府天満宮

その他の展示室

第1展示室

太宰府天満宮が御祭神・菅原道真公(天神さま)の祀廟として創建され千百余年、その悠久なる歴史の中で天満宮は、平安時代からの庶民による信仰はもとより、大宰府官人や武将による庇護を受け、文化人・学者の聖地として崇められてきました。また、幕末の志士が集い維新の策源地となるなど、それぞれの時代で人々の精神的な拠り所かつ政治的な要所としての役割を担ってきました。宝物殿第1展示室では、所蔵品展「天神さまへの献上品」を開催いたします。
戦国武将豊臣秀吉や小早川隆景、黒田如水の書状(重要文化財)、大谷刑部吉継寄進の大鏡(福岡県指定)、そして幕末の公家三条実美の和歌など、天神信仰の証として天満宮に奉納された品々をはじめ、大切に伝えられてきた貴重な資料を紹介します。

写真:「鶴亀文懸鏡」文禄2年(1593)福岡県指定文化財

第2展示室

前期:令和3年9月18日~12月7日(火)
後期:12月11日(土)~令和4年3月13日(日)

太宰府天満宮宝物殿では、創業大正6年(1917)の老舗中村人形四代の人形師に焦点を当てる企画展「中村人形と太宰府天満宮」を開催します。
初代 筑阿弥(1897-1947)が博多人形を生業としてはじめた中村人形は、衍涯(1921-1992)、信喬(1957-)、弘峰(1986-)へと脈々と受け継がれてきました。博多人形は、慶長5年(1600)の黒田長政の筑前入国に伴い、集められた陶工たちが生み出したのが原点と伝わります。素焼きに着彩という大原則の他は作り手に委ねられるというその大らかな土壌は、確かな技術と精神を受け継ぎ、時代とともに変化することを是とする中村人形の理念を醸成してきたのです。さらに、近年創作の場は国内外に広がり、その型に収まらない人形のありように熱い視線が注がれています。
当宮では、境内の樟を材料に信喬氏に依頼した御神牛像をはじめ、信喬・弘峰親子による作品を収蔵してきました。さらに、平成15年(2003)からは、干支の土鈴などの正月の縁起物を中村人形に手掛けていただいています。伝統工芸の世界に身を置きながら、作品を通して、古来変わらない人の祈りに時代の今を見出そうとする中村人形に通底する姿勢を前期、後期に分け、バラエティー豊かな内容でご紹介いたします。

写真:中村信喬「暫・歌舞伎の鬼」前期展示


おすすめのページ

天神の森スケッチ大会
境内の自然に触れながら、スケッチを楽しんでみませんか?「天神の森スケッチ大会」のご案内です。
天神の森スケッチ大会
古都 大宰府の歴史
豊かな自然と多くの文化遺産に恵まれた大宰府の歴史、当宮周辺の史跡をご紹介します。
古都 大宰府の歴史
境内のご案内
当宮に訪れる皆さまへ、境内の見どころをご案内します。
境内のご案内

ページの先頭へ戻る