正月のご参拝

新たなる年が幸多き年でありますようお祈りする初詣。皆さまのご参拝を心よりお待ちしております。


新春祈願のご案内

天神さま 菅原道真公は「学問・至誠・厄除けの神様」として、全国から篤いご崇敬を集めており、年間に約700万人の参拝者が訪れています。
当宮では、皆さまが天神さまのご神徳をいただかれ、それぞれのお願いごとが叶いますように、正月より受験合格・厄除けをはじめ、人生に関わるさまざまな新春の祈願祭を斎行しております。
ご祈願をお申し込みの方には、ご神前にてお名前・ご住所を読み上げて新春の祈願祭を斎行し、願意ごとに特別なお札・お守りを授与いたします。

ご祈願について


正月神縁品のご案内

開運招福・家内安全・商業繁栄など、新たなる年が皆さまにとって幸多き一年でありますよう、正月神縁品をご準備しております。その年の干支にちなんだ「干支の置物」・「干支鈴」・「干支絵馬」や、「開運の矢」・「福むすび」・「福かさね」などさまざまな正月神縁品がございます。どうぞご家庭にお祀りください。


正月の交通案内のお知らせ

平成28年正月の交通案内についてお知らせいたします。
12月31日より1月3日までの期間中、交通の安全と円滑を図るため、臨時の交通案内が実施されます。期間中は大変混雑が予想されますので、できるだけ公共の交通機関をご利用ください。また、近隣にお住まいの皆さまには、大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご協力とご理解のほど宜しくお願いいたします。
平成28年正月の交通案内図については、下記よりダウンロードしてください。

平成28年 「初詣交通案内図」(12月31日~1月3日) 【PDF】


正月開門・閉門時間のお知らせ

12月31日は6時30分に開門し、正月三ヶ日は24時間開門いたしております。
1月4日の夜はご参拝の状況により、閉門いたします。
また、以下のことに関しては年末・年始はお受けしておりませんので、予めご了承ください。


正月のお祭りのご案内

一年のはじめに天神さまにお参りし、清々しい一年をお過ごしください。
初詣をはじめ「鷽替え・鬼すべ神事」など、当宮ならではのお祭りが目白押しとなっています。

1月のお祭り

12月31日大祓式 16時00分斎行楼門前
除夜祭 22時30分斎行御本殿
1月1日 歳旦祭 7時00分斎行御本殿
1月3日 元始祭 9時00分斎行御本殿
1月4日 斧始祭 9時30分斎行御神木「飛梅」前
1月7日 本殿追儺祭 15時00分斎行御本殿
金うそみくじ18時00分頃執行楼門前 特設授与所
鷽替え神事 18時00分斎行天神ひろば
鬼すべ神事 21時00分頃斎行鬼すべ堂

「鷽替え神事」 と「金うそみくじ」について

「鷽替え神事」は、1月7日18時より楼門横の天神ひろばを斎場として行われる特殊神事で、参加者が「木うそ」(木彫りの鷽)を交換し一年間の幸福を祈念します。当日夕刻より、神事に用いる「木うそ」(初穂料1,000円)を授与いたしますので、神事に参加ご希望の方は、特設の木うそ授与所にてお受けください。

また、皆さまに「金うそ」を引き当てていただく「金うそみくじ」は、「鷽替え神事」に先立ちまして1月7日18時頃より楼門前の特設授与所において執り行われます。「金うそ」は、「鷽替え神事」で6体、「金うそみくじ」で6体の計12体をご準備しており、この「金うそ」を手にされた方は、その年のさらなる幸運を授かるといわれています。

鷽替え神事

「鬼すべ神事」について

鬼すべ神事

「鬼すべ神事」は、その年の災難消除や開運招福を願い、地元氏子会が中心となって行われる勇壮な火祭りです。「鷽替え神事」に引き続き、1月7日の21時頃、境内の東神苑にある鬼すべ堂にて行われ、どなたでもご覧になることができます。「燻手すべて」と「鬼警固」、「鬼係」に分かれた、300人による炎の攻防戦は、見るものを圧倒します。

鬼すべ神事

「斧始祭」について

斧始祭

神社の年間の造営・営繕事業の安全を御本殿で祈願した後、御神木「飛梅」の前で新しく切り出してきた長さ3メートルの角材に墨立てを行い、斧を振り上げて打ち込む一連の儀式で、新年の仕事始めにあたる神事です。康和3年(1101)に、大江匡房おおえ まさふさ によって始められ、江戸時代の記録にも残る古式ゆかしい神事です。

毎年1月4日に行われ、現在も仕事始めに一年間の業務安全・繁栄を祈願される参拝者が数多く訪れます。


おすすめのページ

花菖蒲コンサート
麗しい花菖蒲の中で、ミニコンサートを楽しみましょう。「花菖蒲コンサート」のご案内です。
花菖蒲コンサート
天神さまのもとに集う人々
子供からお年寄りの方まで、多くの人々に慕われている天神さまの集いをご紹介します。
天神さまのもとに集う人々
秋思祭
旧暦9月10日に大宰府政庁跡にて、天神さまをお偲びし、御神霊をお慰めする祭典が斎行されます。
秋思祭

ページの先頭へ戻る