お祭り・催し

七夕の宴

7月7日(七夕飾りは7月1日より)

「七夕の宴」は、永承元年(1046)に大宰府官人によって催され、宮廷行事の特徴も色濃く残し、中世の頃まで盛大に行われていました。
その後、幾度かの中断を経て、近年では昭和32年(1957)に再興され、学問、芸術などの文化の発展と除災招福などが祈念され斎行されています。

彦星のゆきはひを待つ かささぎのとわたる橋を我にかさなむ

  • 【通釈】彦星が逢瀬を待つという鵲の渡す橋を、私に貸してほしい。それを渡って都の妻に逢いたい。
  • 【補記】七夕の夜、鵲が翼を並べて天の川に橋を架け、織女を渡すとの伝説を踏まえる。

この歌は、ご祭神 菅原道真公の詠まれた御歌です。
この歌の意味は、「7月7日の夜に、天の河のため離れ離れになった彦星と織姫の二人を逢わせるためにかささぎが翼を並べて作った橋で、二人が出逢うことのできたという鵲の橋を、私にも貸してほしいと願っています。その橋を渡って私も都の妻に逢いにいきたい」という意味です。

この歌にちなみ、それぞれのお願いごとが天に届きますよう、7月7日の夜に「七夕祭並びに七夕の宴」が斎行されます。

七夕飾り
皆さまよりご奉納いただいた短冊が御本殿に下げられ、太鼓橋から楼門までの参道を七夕飾りで彩ります。

写真を見る


平成28年度 開催予定

18時30分~19時15分 七夕祭 場所:御本殿前
天神さまに幼稚園児による歌、熊本県山鹿市「山鹿灯籠踊り」舞踊などのご奉納がございます。
19時15分~20時00分 七夕の宴
第1部
場所:天神ひろば特設舞台
七夕にちなんだ楽器演奏や山鹿灯籠踊り保存会と地域の方々のご参加によります「山鹿灯籠踊り」の総踊りなどがございます。
20時00分~21時00分 七夕の宴
第2部
場所:心字池水上舞台
心字池「天の川」ライトアップが行われ、楽器演奏や「山鹿灯籠踊り」舞踊などがございます。
  • 雨天の場合は、「七夕祭」は御本殿にて執り行われます。また「七夕の宴」は、余香殿にて一部内容を変更して行われる予定です。

山鹿灯籠踊り

20時00分~21時00分 七夕の宴
第2部 場所:心字池水上舞台
心字池「天の川」ライトアップが行われ、楽器演奏や「山鹿灯籠踊り」舞踊などがございます。

山鹿市観光物産展
7月7日 12時00分~18時00分 場所:絵馬堂
山鹿市の観光PRブースを設置いたします。
お問い合わせ 太宰府天満宮
TEL :
092-922-8225(9時~17時)

7月のお祭り・催しへもどる


おすすめのページ

太宰府天満宮の自然
天神の杜は四季折々にさまざまな花々や植物に彩られ、五感のすべてで生命の息吹を感じることができます。
太宰府天満宮の自然
鷽替え・鬼すべ神事
日々の幸せをお祈りし、一年間の災難消除を祈願します。「鷽替え・鬼すべ神事」のご紹介です。
鷽替え・鬼すべ神事
アートプログラム
アートと天神さま、アートと太宰府天満宮、アートと太宰府。「太宰府天満宮アートプログラム」をご紹介します。
アートプログラム

ページの先頭へ戻る