HOME展覧会概要出品作品NEW NEW DAYライアン・ガンダ― プロフィールアクセス協力

太宰府天満宮アートプログラム vol.6 ライアン・ガンダー展 'You have my word'
Dazaifu Tenmangu Art Program vol.6 Ryan Gander 'You have my word'

太宰府天満宮では、2006年に始動した太宰府天満宮アートプログラム第6弾として、2011年2月11日より4月10日まで、Ryan Gander(ライアン・ガンダー/1976年生・イギリス出身・在住)の個展 ‘You have my word’ を開催します。

Dazaifu Tenmangu is pleased to announce UK artist Ryan Gander 's solo exhibition 'You have my word'. This will take place at Dazaifu Tenmangu, Shinto shrines located in Fukuoka, Japan since 919. The works are exhibited inside the treasure hall and also out-door locations inside the property. This exhibition is part of 'Dazaifu Art Program', which started in 2006, aiming to make the collaboration between Japanese traditions of Dazaifu Shrine and contemporary art. Ryan Gander's exhibition will be the 6th exhibition of this program series, and also the first time to invite foreign artist. The exhibiting works are mainly sculptures and installation works including the time capsule artwork made with children at Dazaifu Tenmangu kindergarten. Also the 'NEW NEW DAY' project, which is his work to make a new national holiday just for the shrine, Gander designed a symbol character 'ARATA chan' as a lucky charm and also the poster was commissioned to the student at local design school to design.

ライアン・ガンダ―展ちらしライアン・ガンダ―展ちらし
 ちらしのダウンロードはこちら[PDF:1.8MB]
会 期
Period
2011年2月11日|金・祝|~4月10日|日|
11 February - 10 April, 2011
会 場
Venue
太宰府天満宮宝物殿 企画展示室 および 境内 (〒818-0195 福岡県太宰府市宰府4-7-1)
Dazaifu Tenmangu Shrine Museum (Treasure Hall) Special Exhibition Room and Shrine Garden
(4-7-1 Saifu Dazaifu Fukuoka 818-0195 Japan)
開館時間
Open hours
9:00~16:30(入館は16:00まで)
9:00 - 16:30 (Ticket available until 16:00)
休館日
Closed
月曜日 ※3月21日(月・祝)は開館
On Mondays (excl. 21 March)
観覧料
Admission
一般300(200)円|高大生200(100)円|小中生100(50)円
※( )内は30名以上の団体料金、障害者手帳提示により付添者1名まで半額料金
※屋外の作品については、鑑賞無料

Adult ¥300 (200)| University, College and High school Student ¥200 (100)|Junior and Junior High School Student ¥100 (50)
* ( ) Price for a group over 30 people *Half fare by showing disabled certificate up to one attendant. *Admission free for artworks outside the treasure hall.
主 催
Organized by
太宰府天満宮
Dazaifu Tenmangu
協 力
Supported by
TARO NASU、福岡デザインコミュニケーション専門学校、ブリティッシュ・カウンシル
TARO NASU, Fukuoka Design Communication Academy, British Council

TOPへ

太宰府天満宮アートプログラムとは | About Dazaifu Tenmangu Art Program

テーマ「開放性/固有性」

朝は犬を連れた人が散歩し、昼は園児の庭となり、夜は恋人達が橋を渡る、太宰府天満宮。
その境内では千百年以上昔から変わらないだろう、明るい風景が広がっています。日本文化の基礎として綿々と受け継がれている神道の自然に対する考え方も、開かれたものであると同時に、そこは祈りを捧げる場所であり、非日常の「ハレ」の世界という固有な場を醸成しています。
太宰府天満宮アートプログラムは、太宰府天満宮の「開放性」と「固有性」を、アーティストが持つそれらに重ね合わせ、歴史の記憶を宿すここ太宰府の地から未来へ向けて、新たな文化の可能性とその発信を試みるものです。

Since 2006, aiming to to encourage the contemporary artists, Dazaifu Tenmangu started "Dazaifu Tenmangu Art Program". As the reflection of the essence of the shrine, the theme of the program is "glocalisation", a portmanteau word that points out the new direction of the possibility of culture. Besides the program has the mission to make a contribution to the promotion of the cultural development of the area. So Dazaifu Tenmangu Art program has invited various contemporary artists to Dazaifu Area and not only for holding the exhibitions but also has been purchasing the artist's artworks for their public collections of contemporary art as the cultural property for the area.

【これまでのアートプログラム】 >> 各アートプログラムの概要
vol.1 2006年4月29日~7月9日 日比野克彦「描く書く然々」
vol.2 2006年11月3日~12月17日 長谷川純「Years Ago-幾年前-」
vol.3 2007年3月3日~5月6日 春木麻衣子「伍」
vol.4 2008年4月12日~5月25日 小沢剛「ホワイトアウト-太宰府-」
vol.5 2009年2月15日~3月15日 高松次郎|鷹野隆大「“写真の写真”と写真」

「もし神道に匂いや音があるならば、それはどんな感じだと思いますか?」

ガンダーの作品は現代に生きる我々のリアリティを題材にした、「世界を読み解くための装置」ともいえます。
アート、デザイン、建築など、ガンダーの作品のどれもが日常的に目にするものを素材としながらも、いつしか見る人を普遍的かつ抽象的な思考の冒険に誘い込んでいきます。今回ガンダーは、太宰府天満宮を取材してつくりあげた新作7点を発表します。異文化に育ったガンダーの作品群は、日本文化とその精神の本質を見つめ直し、私たちにとって新たな発見をうながすきっかけとなるでしょう。
TOPへ

ライアン・ガンダー同時期開催個展

「DAIWA COLLECTION II ライアン・ガンダー展: Attempting to remain light on ones feet」
会期:2011年2月1日~5月8日 ※会期終了しました
会場:沖縄県立博物館・美術館コレクションギャラリー2 (〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち3-1-1)
TEL:098-941-8200
http://www.museums.pref.okinawa.jp/


「Ftt, Ft, Ftt, Ftt, Ffttt, Ftt, or somewhere between a modern representation of how a contemporary gesture came into being, an illustration of the physicality of an argument between Theo and Piet regarding the dynamic aspect of the diagonal line and attempting to produce a chroma-key set for a hundred cinematic scenes」
会期:2011年1月15日~2月12日 ※会期終了しました
会場:TARO NASU (〒101-0031 東京都千代田区東神田1-2-11)
TEL:03-5856-5713
http://www.taronasugallery.com

TOPへ