石本藤雄 陶展 「実のかたち」Fujiwo Ishimoto | Shape of Fruits

2018.5.12sat-7.1sun 太宰府天満宮 宝物殿企画展示室

陶芸家 石本藤雄は、1970年から現在に至るまで、ヘルシンキを拠点に数々の作品を発表してきました。フィンランドのライフスタイルブランド「マリメッコ」においてテキスタイルデザイナーとしての才能を開花させ、当時手がけたファブリックは今なお、世界中で愛され、多くの人々に使われ続けています。1989年以降は活動の軸足を陶芸へと移し、現在はフィンランドを代表する陶器メーカー「アラビア」のアート・デパートメント部門に構えるアトリエにて、陶の表現を追求。その作品世界の魅力は、人間を取り巻く広大な自然へ向けたまなざしから導き出されるモチーフと、独自の感性で施される色彩の豊かさにあります。幼少期を過ごした故郷、愛媛県・砥部町での原風景は、フィンランドでの暮らしの中で触れてきた草木、花、生き物、海、陽射し、風、あらゆる自然環境と響き合い、石本作品の表情となって現れてきました。

Profile

石本 藤雄 Fujiwo Ishimoto

石本 藤雄のプロフィール写真

テキスタイルデザイナー、陶芸家。1970年よりヘルシンキを拠点に、ディッセンブレ社、1974年から2006年までマリメッコ社にてデザイナーとして活躍。1989年からはアラビア社アート部門において陶芸作品を制作している。フィンランド政府の工芸工業賞や、カイ・フランク賞など受賞歴多数。2010年フィンランド獅子勲章プロ・フィンランディア・メダル受勲、2011年旭日小綬章受章。

Exhibition
展示作品

宝物殿では、「実のかたち」と題し、石本藤雄による新作を発表いたします。太宰府天満宮の象徴である梅の実は、子どもの頃の記憶から形づくられて着彩されたウォールレリーフ。ゴロンとした存在感が忘れられずに今回初めてモチーフとして取り組んだ冬瓜は、種類の異なる土と釉薬で仕上げられています。ほかにも、ヤマモモ、南天、ブドウといった果実の形に魅せられた石本が本展のために作陶した大皿や立体作品を、釉薬や土の肌合いまでじっくりとご覧ください。

  • 石本藤雄 陶展「実のかたち」展示作品の写真1
  • 石本藤雄 陶展「実のかたち」展示作品の写真2
  • 石本藤雄 陶展「実のかたち」展示作品の写真3

©Chikako Harada/Fujiwo Ishimoto

会場構成

設計事務所ima(イマ)小林恭 + マナ

世界中の「マリメッコ」店舗をはじめ、数多くのショップインテリアデザインや展覧会の会場構成を手がける。使いやすさやの中にバランス感覚やユーモアを織り交ぜた設計を得意とし、太宰府天満宮・案内所のインテリアデザインも担っている。

http://www.ima-ima.com/

Information

会期:
2018年5月12日(土)〜7月1日(日) 
9:00〜16:30(入館は16:00まで)

休館日:
毎週月曜(6月25日は開館)

拝観料:
共通チケット [ 宝物殿+文書館 ]
一般 700(600)円、
高大生 300(200)円、
小中生 150(100)円
宝物殿・文書館 それぞれ
一般 400(300)円、
高大生 200(100)円、
小中生 100(50)円

※( )内は30名以上の団体料金、障害者手帳提示により付添者1名まで半額料金

会場:
太宰府天満宮 宝物殿企画展示室・文書館 
〒818-0117 福岡県太宰府市宰府4-7-1

お問い合わせ :
tel.092-922-8225 
http://www.dazaifutenmangu.or.jp/

津田直 写真展 辺つ方の休息

Nao Tsuda | Tranquility at the Shore

津田直 写真展のメインビジュアル