太宰府天満宮からのお知らせ

当宮からのお知らせをご確認いただけます。


平成24年11月14日

平成24年12月1日(土)~平成25年3月10日(日)企画展「フィンランド・テキスタイルアート~季節が織りなす光と影」開催

宝物殿

平成24年12月1日(土)~平成25年3月10日(日)、企画展「フィンランド・テキスタイルアート~季節が織りなす光と影」が太宰府天満宮宝物殿および境内にて開催されます。
本展は、フィンランドデザイン・芸術の中でも自然との関わりを色濃く感じることができるテキスタイルに焦点を当ててご紹介し、フィンランドと日本の自然とデザインの密接な関係にスポットを当てるものです。

また、本展の開催期間中、隣接する九州国立博物館で、フィンランドの著名な印籠コレクター、ハインズ・クレス氏、エルセ・クレス氏夫妻の所蔵する日本の装飾美術品である「印籠」を紹介するトピック展が平成24年12月19日(水)より平成25年3月10日(日)まで開催されます。
さらに、4月7日から日本全国を巡回している「フィンランドのくらしとデザイン展」 が長崎県美術館で12月24日まで開催されるなど、地域として日本とフィンランドの文化交流が大きく盛り上がる中、フィンランドと日本両国のデザイン感覚や美意識を感じていただければ幸いです。

画像:(C)Marimekko Corporation, Unikko, Maija & Kristina Isola, 1964

展覧会チラシはこちら

English

企画展「フィンランド・テキスタイルアート~季節が織りなす光と影」公式サイト

太宰府天満宮からのお知らせ 一覧


この記事をご覧になられた方は、以下の記事もご覧になっています。

平成29年11月26日

おみくじ「雪の結晶」に変わります

お知らせ

平成29年11月1日

宝物殿休館日のお知らせ(11月~1月)

宝物殿

平成29年7月3日

宝物殿臨時休館のお知らせ

宝物殿


おすすめのページ

太宰府天満宮とアートの歴史
太宰府天満宮とアート、その繋がりはどこから来たのか?その歴史をご紹介します。
太宰府天満宮とアートの歴史
宝物殿
宝物殿では、道真公にまつわる宝物をはじめ、約5万点の文化財を収蔵・展示しています。
宝物殿
アート
四季折々の自然、境内でのお祭りや催し、訪れる人々の表情など。当宮や太宰府の「今」を表現したアルバムギャラリーです。
アート

過去のお知らせ

平成29年
平成28年
平成27年
平成26年
平成25年
平成24年
平成23年
  • 天神の杜ごよみ

ページの先頭へ戻る