太宰府天満宮からのお知らせ

当宮からのお知らせをご確認いただけます。


平成24年11月1日

「おみくじ」の色が秋の紅葉をイメージした赤・橙・黄色の3色に変わりました。

お知らせ

11月1日(木)より、「特別受験合格祈願大祭」をイメージした濃い水色から紅葉をイメージした赤・橙・黄色の3色に変わりました。それと同時に、当サイトのデザインカラーも橙色に変わりました。
当宮は、四季折々の自然に囲まれており、季節ごとにさまざまな植物に彩られます。その豊かな自然を感じていただくため、当宮では年間を通して「おみくじ」の色を変えております。
この季節ごとに色が変わる「おみくじ」は、日本の伝統と先端技術を融合させた「日本らしさ」を持つ新しい日本の様式への試みとして評価され、平成18年に「新日本様式」100選に選ばれました。
例年太宰府では、 11月中旬から12月上旬になると紅葉が赤く染まり、秋を感じさせてくれます。また、例年11月1日より道真公が菊を愛されたことにちなみ、菊愛好家の団体である「秋芳会」による「菊花展」が行われます。御本殿前をはじめ回廊、天神ひろばに力作約1,500鉢が献花展示され、境内全体が秋の雰囲気に包まれます。
この赤・橙・黄色の3色の「おみくじ」は、例年11月1日から12月31日までで、1月1日からは紅梅をイメージした桃色の「おみくじ」に変わります。四季を感じることができる当宮の中でも、この秋の紅葉や菊は一年を通して最も色彩豊かな季節です。秋の太宰府天満宮をどうぞお楽しみください。

太宰府天満宮の自然 菊・紅葉

太宰府天満宮からのお知らせ 一覧


この記事をご覧になられた方は、以下の記事もご覧になっています。

平成30年8月17日

8月18日(土)宝物殿「明治維新150年太宰府幕末展」入館料100円引

宝物殿

平成30年7月17日

太宰府天満宮公式Facebookページ開設のお知らせ

お知らせ

平成30年7月17日

「おみくじ」の色が水色に変わりました。

お知らせ


おすすめのページ

今に伝わる天神信仰
時代と共に変遷してきた天神信仰。そして現在も、天神さまは世界中の人々から親しまれています。
今に伝わる天神信仰
ご参拝のご案内
歴史と自然に満ち溢れた天神の杜の魅力をご紹介します。
ご参拝のご案内
太宰府天満宮関連書籍
太宰府天満宮関連書籍を購入することができます。
太宰府天満宮関連書籍

過去のお知らせ

平成30年
平成29年
平成28年
平成27年
平成26年
平成25年
平成24年
平成23年
  • 天神の杜ごよみ

ページの先頭へ戻る