太宰府天満宮からのお知らせ

当宮からのお知らせをご確認いただけます。


平成29年10月1日

10月22日(日)秋のえんむすび大祭

お祭り・催し

竈門神社の主祭神である玉依姫命は、天武天皇二年(673)に心蓮上人が宝満山に籠って修業中に現れ、その後朝廷により上宮が建てられ、これが竈門神社の創建とされています。玉依姫の「玉」は魂、心、とされ、「依」は依る、寄ってくる、寄り添うなどの意味があり、つまり男女の良縁をはじめ、家族、友人、仕事など、様々な人と人の関係を円満な絆で結び、平和で豊かな社会を形成していただけるという信仰があります。

竈門神社について

太宰府天満宮からのお知らせ 一覧



おすすめのページ

太宰府天満宮とアートの歴史
太宰府天満宮とアート、その繋がりはどこから来たのか?その歴史をご紹介します。
太宰府天満宮とアートの歴史
七夕揮毫大会
「書の三聖」である天神さまのご神徳をいただかれ、書道上達の成果を発揮する「七夕揮毫大会」が執り行われます。
七夕揮毫大会
夏の天神まつり
天神さまのご生誕をお祝いし、また皆さまが暑い夏を無事にお過しできるようにお祈りする「夏越祓え」の神事です。
夏の天神まつり

過去のお知らせ

平成30年
平成29年
平成28年
平成27年
平成26年
平成25年
平成24年
平成23年
  • 天神の杜ごよみ

ページの先頭へ戻る