太宰府天満宮からのお知らせ

当宮からのお知らせをご確認いただけます。


平成27年1月26日

1月26日(月)御神木「飛梅(とびうめ)」開花

お祭り・催し

"1月26日(月)、御神木「飛梅(とびうめ)」が3分咲きました。
「東風吹かば にほひをこせよ 梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ」道真公を慕って、都から一夜にして飛んできたと伝えられる由縁の御神木です。品種は「色玉垣」(極早の八重咲き)で毎年境内にて一番に咲き始めます。この御神木「飛梅」は2月上旬から中旬にかけて見ごろを迎えます。
なお当宮の境内には、約200種、約6,000本の白梅・紅梅があり、日本有数の梅の名所となっております。これらの梅は記念植樹やご奉納によって植えられたものがほとんどです。
境内の梅の例年の見ごろは3月上旬までで、この御神木「飛梅」をはじめ豊富な種類の梅がそれぞれに時期を違えて見事に咲き、境内は芳しい梅の香りに包まれます。
どうぞお早めにお越しください。"

ご参拝のご案内

太宰府天満宮の自然 梅

太宰府天満宮からのお知らせ 一覧


この記事をご覧になられた方は、以下の記事もご覧になっています。

平成29年5月11日

「ライアン・ガンダー展-太宰府天満宮コレクションより」開催のお知らせ

アート

平成29年5月11日

「七夕揮毫大会」お申し込みのご案内

お祭り・催し

平成29年5月10日

花菖蒲夜間照明のお知らせ

お祭り・催し


おすすめのページ

秋思祭
旧暦9月10日に大宰府政庁跡にて、天神さまをお偲びし、御神霊をお慰めする祭典が斎行されます。
秋思祭
斎田抜穂祭
神々に稲穂の収穫を感謝し、宮司自らが石包丁で金色の稲穂を刈り取ります。
斎田抜穂祭
太宰府天満宮とアートの歴史
太宰府天満宮とアート、その繋がりはどこから来たのか?その歴史をご紹介します。
太宰府天満宮とアートの歴史

過去のお知らせ

平成29年
平成28年
平成27年
平成26年
平成25年
平成24年
平成23年
  • 天神の杜ごよみ

ページの先頭へ戻る