太宰府天満宮からのお知らせ

当宮からのお知らせをご確認いただけます。


平成27年1月26日

1月26日(月)御神木「飛梅(とびうめ)」開花

お祭り・催し

"1月26日(月)、御神木「飛梅(とびうめ)」が3分咲きました。
「東風吹かば にほひをこせよ 梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ」道真公を慕って、都から一夜にして飛んできたと伝えられる由縁の御神木です。品種は「色玉垣」(極早の八重咲き)で毎年境内にて一番に咲き始めます。この御神木「飛梅」は2月上旬から中旬にかけて見ごろを迎えます。
なお当宮の境内には、約200種、約6,000本の白梅・紅梅があり、日本有数の梅の名所となっております。これらの梅は記念植樹やご奉納によって植えられたものがほとんどです。
境内の梅の例年の見ごろは3月上旬までで、この御神木「飛梅」をはじめ豊富な種類の梅がそれぞれに時期を違えて見事に咲き、境内は芳しい梅の香りに包まれます。
どうぞお早めにお越しください。"

ご参拝のご案内

太宰府天満宮の自然 梅

太宰府天満宮からのお知らせ 一覧



おすすめのページ

菅公歴史館
菅公歴史館では、道真公の一生を装着博多人形のジオラマで展示。人形、玩具、絵馬などの品々も併せてご紹介しています。
菅公歴史館
学業上達・新入学祈願
「学問の神様」と慕われる天神さまの学びの力をいただかれ、身体健全で学業における大きな成果を上げられますよう祈願いたします。
学業上達・新入学祈願
太宰府天満宮とアートの歴史
太宰府天満宮とアート、その繋がりはどこから来たのか?その歴史をご紹介します。
太宰府天満宮とアートの歴史
  • 天神の杜ごよみ

ページの先頭へ戻る