太宰府天満宮からのお知らせ

当宮からのお知らせをご確認いただけます。


平成26年9月23日

10月3日(金)「秋思祭」斎行

お祭り・催し

"10月3日(金)19時より、「秋思祭」が本年は榎社(太宰府市朱雀6-18)にて斎行されます。
旧暦9月9日は「重陽の節句」で、宮中では観菊の歌会が催され、翌10日にも後宴が催されていました。
昌泰3年(900年)、当時右大臣であった道真公は、この後宴で、醍醐天皇から「秋思」という勅題に対し、これまでの天皇家からの一方ならぬ御恩に報いたいというお気持ちを詩に詠まれました。
大変感激された醍醐天皇よりお召しの御衣を授けられ、道真公は名実ともに人生最高のときを迎えられました。しかし、その4ヶ月後の昌泰4年(901年)、左大臣 藤原時平の政略により、突如として大宰府に左遷され、衣食ままならぬ厳しい生活を送られることになりました。1年後の9月10日、道真公は都での華やかなときを偲びつつ、天皇さまをお慕い申し上げる漢詩を詠じられました。
「秋思祭」は、道真公ご在世の往時を偲び、御神霊(おみたま)をお慰めするために、大宰府政庁跡にて斎行される祭典ですが、本年は道真公がお住まいになっていた南館(榎社)で斎行されます。どうぞ、皆さまのご参列を心よりお待ちしております。"

「秋思祭」について

太宰府天満宮からのお知らせ 一覧


この記事をご覧になられた方は、以下の記事もご覧になっています。

平成30年5月15日

「七夕の宴 山鹿灯籠踊り」お申し込みのご案内

お祭り・催し

平成30年5月15日

花菖蒲夜間照明・花菖蒲コンサートのお知らせ

お祭り・催し

平成30年5月8日

「七夕揮毫大会」お申し込みのご案内

お祭り・催し


おすすめのページ

節分厄除祈願大祭
当宮では、節分に合わせ、災や厄をお祓いする「節分厄除祈願大祭」が斎行されます。
節分厄除祈願大祭
斎田抜穂祭
神々に稲穂の収穫を感謝し、宮司自らが石包丁で金色の稲穂を刈り取ります。
斎田抜穂祭
古都 大宰府の歴史
豊かな自然と多くの文化遺産に恵まれた大宰府の歴史、当宮周辺の史跡をご紹介します。
古都 大宰府の歴史

過去のお知らせ

平成30年
平成29年
平成28年
平成27年
平成26年
平成25年
平成24年
平成23年
  • 天神の杜ごよみ

ページの先頭へ戻る