太宰府天満宮からのお知らせ

当宮からのお知らせをご確認いただけます。


平成26年9月14日

9月21日(日)~25日(木)「神幸式大祭」斎行

お祭り・催し

"9月21日(日)~25日(木)の期間、当宮のお祭りの中で最も大切なお祭りとなります「神幸式大祭」が斎行されます。
「神幸式大祭」は、道真公ご在世の往時を偲び、御神霊(おみたま)をお慰めするとともに、皇室のご安泰と国家の平安、さらには五穀豊穣を感謝する秋祭りです。
9月21日(日)15時より御本殿にて「神幸式大祭始祭」が斎行されます。22日(月)には19時より御本殿にて「出御祭」が斎行された後に、「お下りの儀」が執り行われます。この「お下りの儀」では、道真公の御神霊を奉安した御神輿が鐘と太鼓の音に導かれつつ、王朝絵巻さながらに約500人の奉仕の人々が美しい行列を整え、かつて道真公がお住まいであった榎社までの道のりを厳かに進みます。御神輿は榎社に一夜ご滞在になられたあと、23日(火・祝)には再び行列を整え、御本殿にお帰りになられます「お上りの儀」が執り行われます。24日(水)の夜には、特別に調製された古式神饌をお供えされる「古式献饌祭」、25日(木)11時よりは「例祭」が斎行されます。同日の20時より天神さまの御神霊をお慰めする「千灯明」が行われ、「神幸式大祭」は幕を閉じます。
この「神幸式大祭」期間中は、天神ひろばなどにおいて神楽太鼓奉納などの催しも予定しておりますので、当宮へのお越しを心よりお待ちしております。"
"9月21日(日)~25日(木)の期間、当宮のお祭りの中で最も大切なお祭りとなります「神幸式大祭」が斎行されます。
「神幸式大祭」は、道真公ご在世の往時を偲び、御神霊(おみたま)をお慰めするとともに、皇室のご安泰と国家の平安、さらには五穀豊穣を感謝する秋祭りです。
9月21日(日)15時より御本殿にて「神幸式大祭始祭」が斎行されます。22日(月)には19時より御本殿にて「出御祭」が斎行された後に、「お下りの儀」が執り行われます。この「お下りの儀」では、道真公の御神霊を奉安した御神輿が鐘と太鼓の音に導かれつつ、王朝絵巻さながらに約500人の奉仕の人々が美しい行列を整え、かつて道真公がお住まいであった榎社までの道のりを厳かに進みます。御神輿は榎社に一夜ご滞在になられたあと、23日(火・祝)には再び行列を整え、御本殿にお帰りになられます「お上りの儀」が執り行われます。24日(水)の夜には、特別に調製された古式神饌をお供えされる「古式献饌祭」、25日(木)11時よりは「例祭」が斎行されます。同日の20時より天神さまの御神霊をお慰めする「千灯明」が行われ、「神幸式大祭」は幕を閉じます。
この「神幸式大祭」期間中は、天神ひろばなどにおいて神楽太鼓奉納などの催しも予定しておりますので、当宮へのお越しを心よりお待ちしております。"

「神幸式大祭」について

「神幸式大祭神楽太鼓奉納」について

太宰府天満宮からのお知らせ 一覧


この記事をご覧になられた方は、以下の記事もご覧になっています。

平成30年5月15日

「七夕の宴 山鹿灯籠踊り」お申し込みのご案内

お祭り・催し

平成30年5月15日

花菖蒲夜間照明・花菖蒲コンサートのお知らせ

お祭り・催し

平成30年5月8日

「七夕揮毫大会」お申し込みのご案内

お祭り・催し


おすすめのページ

太宰府天満宮とアートの歴史
太宰府天満宮とアート、その繋がりはどこから来たのか?その歴史をご紹介します。
太宰府天満宮とアートの歴史
特別受験合格祈願大祭
当時学者として最高の位であった文章博士に登用されたことにちなみ、「特別受験合格祈願大祭」が斎行されます。
特別受験合格祈願大祭
アートプログラム
アートと天神さま、アートと太宰府天満宮、アートと太宰府。「太宰府天満宮アートプログラム」をご紹介します。
アートプログラム

過去のお知らせ

平成30年
平成29年
平成28年
平成27年
平成26年
平成25年
平成24年
平成23年
  • 天神の杜ごよみ

ページの先頭へ戻る