祖霊殿


祖霊殿は、天神さまの御神霊おみたまがお鎮まりになる当宮境内の東神苑にあり、紅白の梅林や、桜、樟、紅葉などの四季折々の豊かな自然に囲まれた風光明媚な場所にあります。

神道式の儀式によりご先祖さまの御霊和みたまなごめの祭典を斎行し、代々受け継がれてきた尊い命、また日々の穏やかな暮らしに感謝するお祈りが捧げられています。

ご先祖さまとともにある暮らし

日々の家庭生活の中で、神棚での神祭りをすることはもちろんですが、それとともにご先祖さまの御霊に対しても毎日手を合わせ感謝のお祈りを捧げることは、日本人として大切なことです。

神道では、人が亡くなりその肉体は滅びても、霊魂は留まって日夜私たち子孫を見守り、一家の繁栄と幸福をもたらす守護神となると考えられています。
親から子へ、子から孫へ、両親、祖父母、また遠いご先祖さまから連綿と受け継がれてきた命の尊さを認識し、生かされていることへの感謝の念を抱くことで私たちの心はより豊かになり、またご家庭や地域の絆を深め、日々を平安に暮らすための生きる源となります。

祖霊殿への地図はこちら


おすすめのページ

特別受験合格祈願大祭
当時学者として最高の位であった文章博士に登用されたことにちなみ、「特別受験合格祈願大祭」が斎行されます。
特別受験合格祈願大祭
七夕の宴
御門内には二万本以上もの短冊が下げられ、太鼓橋から御本殿までの参道を七夕飾りで彩ります。
七夕の宴
太宰府天満宮とアートの歴史
太宰府天満宮とアート、その繋がりはどこから来たのか?その歴史をご紹介します。
太宰府天満宮とアートの歴史

ページの先頭へ戻る