菅公歴史館

菅公歴史館は、道真公の一生を装着博多人形のジオラマで展示。人形、玩具、絵馬などの品々も併せてご紹介しています。


大正末に開館した菅公歴史館を前身に、現在の菅公歴史館は御本殿裏の崇敬者会館地下1階に御神忌(ご命日)1,075年大祭記念事業として、昭和48年(1973)に開館しました。
道真公の一生を、貴重な装着博多人形(博多人形に衣装を着せたもの)のジオラマによりご紹介しています。

また、人形、玩具、絵馬などの品々も併せて展示しています。
その中でも日本各地の天神人形は、庶民生活に根付いた天神信仰の証といえ、材質や技法も地域によりさまざまで、天神信仰の多様性を物語っています。



ご拝観の方へ

開館時間

9時00分~16時30分(入館は16時00分まで)

休館日

火曜日、水曜日

拝観料

入館者 個人 30名以上の団体
一般 200円 150円
大学生・高校生 150円 75円
中学生・小学生 100円 50円
  • 団体でお越しになる場合は、予めご連絡ください。

太宰府天満宮&九州国立博物館 共通チケット

太宰府天満宮&九州国立博物館 共通チケット

発売価格

宝物殿と菅公歴史館、九州国立博物館文化交流展示室(平常展)の3館を観覧できる共通チケットを販売しています。
通常、3館で1030円のところを500円に割引しておりますので、ぜひご利用ください。

  • 団体販売はありません。
    九州国立博物館文化交流展示室(平常展)は、18歳未満は無料・大学生も学割料金(130円)が適用されますので、一般の方のみの販売となります。
販売場所 太宰府天満宮宝物殿 菅公歴史館 九州国立博物館1階チケット販売所

学校の先生方へ

授業の一環で拝観される際、ご質問などがありましたら、事前に下記までご連絡ください。

お問い合わせ 太宰府天満宮 文化研究所
TEL :
092-922-8225(9時~17時)

館内案内

博多人形でつづる菅原道真公の一生

道真公の一生が装着博多人形(博多人形に衣装を着せたもの)の十六の場面でつづられており、それらのエピソードは道真公のご生前のお人柄を語っています。

また、装着博多人形とは今は制作されていない博多人形の古い手法で、これは置鮎琢磨氏・西頭哲三郎氏が制作にあたりました。

天神人形

今日の郷土人形のルーツは、京都の伏見人形にはじまり、日本各地の神社・寺院の門前で売られていた土産品といわれています。

それらの人形は信仰の対象となるもの、子供の遊びに使われる物などさまざまですが、どの地域においても最も多く作られたのが天神人形です。

天神さまは人形というかたちで庶民の間に広まり、そのため人々は天神さまを身近で親しみやすい神様として、深く信仰しました。


おすすめのページ

七夕揮毫大会
「書の三聖」である天神さまのご神徳をいただかれ、書道上達の成果を発揮する「七夕揮毫大会」が執り行われます。
七夕揮毫大会
夏の天神まつり
天神さまのご生誕をお祝いし、また皆さまが暑い夏を無事にお過しできるようにお祈りする「夏越祓え」の神事です。
夏の天神まつり
斎田抜穂祭
神々に稲穂の収穫を感謝し、宮司自らが石包丁で金色の稲穂を刈り取ります。
斎田抜穂祭

ページの先頭へ戻る