アートプログラム

vol.5 高松次郎/鷹野隆大「"写真の写真"と写真」

平成21年2月15日~3月15日

高松の唯一の写真作品「写真の写真」と、それらへのオマージュの意味も込めて鷹野が太宰府天満宮御本殿・境内に高松の作品を設置し撮影した写真で本展は構成されました。
違う時代を生きながらも、「写真とは何か」という問いに真摯に向き合う二人の作品を同時に展示することで、写真について再考を促す展覧会となりました。


高松次郎


©The Estate of Jiro Takamatsu

1936年東京都生まれ。
第10回読売アンデパンダン展(東京都美術館、1958)に初出展後、1963年に赤瀬川原平・中西夏之とハイ・レッド・センターを結成する。
ヴェネツィア・ビエンナーレ(1968)、ドクメンタ(1977)他、国際展にも多数参加する。
1998年に逝去。


鷹野隆大


©Ryudai Takano

1963年福井市生まれ。
早稲田大学政治経済学部卒業。
写真集「IN MY ROOM」(蒼穹舎、2005)にて第31回木村伊兵衛写真賞受賞。
「日常の変貌」(群馬県立近代美術館、2004)、「公開制作46 記録と記憶とあと何か」(府中市美術館、2009)など多数の個展やグループ展を国内外で開催している。
性のあり方を問い直す作品の他、日本の都市空間を日々記録し続けている。


作品

展示作品の写真を見る



おすすめのページ

鷽替え・鬼すべ神事
日々の幸せをお祈りし、一年間の災難消除を祈願します。「鷽替え・鬼すべ神事」のご紹介です。
鷽替え・鬼すべ神事
七夕の宴
御門内には二万本以上もの短冊が下げられ、太鼓橋から御本殿までの参道を七夕飾りで彩ります。
七夕の宴
ご参拝のご案内
歴史と自然に満ち溢れた天神の杜の魅力をご紹介します。
ご参拝のご案内

ページの先頭へ戻る