アートプログラム

vol.3 春木麻衣子「伍」

平成19年3月3日~5月6日

「人と人との間、写真と写真の間、森羅万象の『間』に宿る何かを見せたい」と語る春木は本展のために太宰府天満宮・宝満山をモチーフとして新作を撮り下ろしました。
人、森、木々、火、山、岩、御本殿と向き合った瞬間、春木が感じた「間」を写真と植物によるインスタレーションで表現しました。


春木麻衣子


©Maiko Haruki Courtesy of TARO NASU

1974年茨城県生まれ。玉川大学文学部芸術学科卒業。
在学中、ゴールドスミス・カレッジ(ロンドン)に留学。
個展「●○」(NADiff、2006)、「photographs, whatever they are」(1223現代絵画、2011)をはじめ、「VOCA展現代美術の展望―新しい平面の作家たち」(上野の森美術館、2006)、PHotoEspana(マドリード、2006)、「六本木クロッシング2007:未来への脈動」(森美術館、2007)など多数のグループ展に参加し、国内外で注目を集めている。


作品

©Maiko Haruki Courtesy of TARO NASU

©Maiko Haruki Courtesy of TARO NASU

©Maiko Haruki Courtesy of TARO NASU

展示作品の写真を見る



おすすめのページ

天神さまのもとに集う人々
子供からお年寄りの方まで、多くの人々に慕われている天神さまの集いをご紹介します。
天神さまのもとに集う人々
斎田抜穂祭
神々に稲穂の収穫を感謝し、宮司自らが石包丁で金色の稲穂を刈り取ります。
斎田抜穂祭
今に伝わる天神信仰
時代と共に変遷してきた天神信仰。そして現在も、天神さまは世界中の人々から親しまれています。
今に伝わる天神信仰

ページの先頭へ戻る