アートプログラム

vol.3 春木麻衣子「伍」

平成19年3月3日~5月6日

「人と人との間、写真と写真の間、森羅万象の『間』に宿る何かを見せたい」と語る春木は本展のために太宰府天満宮・宝満山をモチーフとして新作を撮り下ろしました。
人、森、木々、火、山、岩、御本殿と向き合った瞬間、春木が感じた「間」を写真と植物によるインスタレーションで表現しました。


春木麻衣子


©Maiko Haruki Courtesy of TARO NASU

1974年茨城県生まれ。玉川大学文学部芸術学科卒業。
在学中、ゴールドスミス・カレッジ(ロンドン)に留学。
個展「●○」(NADiff、2006)、「photographs, whatever they are」(1223現代絵画、2011)をはじめ、「VOCA展現代美術の展望―新しい平面の作家たち」(上野の森美術館、2006)、PHotoEspana(マドリード、2006)、「六本木クロッシング2007:未来への脈動」(森美術館、2007)など多数のグループ展に参加し、国内外で注目を集めている。


作品

©Maiko Haruki Courtesy of TARO NASU

©Maiko Haruki Courtesy of TARO NASU

©Maiko Haruki Courtesy of TARO NASU

展示作品の写真を見る



おすすめのページ

太宰府天満宮の自然
天神の杜は四季折々にさまざまな花々や植物に彩られ、五感のすべてで生命の息吹を感じることができます。
太宰府天満宮の自然
学業上達・新入学祈願
「学問の神様」と慕われる天神さまの学びの力をいただかれ、身体健全で学業における大きな成果を上げられますよう祈願いたします。
学業上達・新入学祈願
アート
四季折々の自然、境内でのお祭りや催し、訪れる人々の表情など。当宮や太宰府の「今」を表現したアルバムギャラリーです。
アート

ページの先頭へ戻る