アートプログラム

太宰府・太宰府天満宮の魅力をさらに引き出し広めるため、「太宰府天満宮アートプログラム」を展開しています。


太宰府天満宮アートプログラムとは

「文化の神様」である菅原道真公をご祭神としてお祀りしている太宰府天満宮は、人々が行き交い集う場としての「開放性」と、1,100年以上昔から変わらない天神信仰の場としての「固有性」という2つの性質を併せ持っています。
この2つのキーワードをテーマに掲げ、平成18年(2006)より行っているのが「太宰府天満宮アートプログラム」です。

このアートプログラムは、さまざまな分野において第一線で活躍中のアーティストを招き、太宰府での取材や滞在を経て制作された作品の公開を全面的にサポートすると同時に、これらの作品を地域の財産として収蔵することで、文化活動を牽引していく役割を担っています。

太宰府天満宮ならではの「開放性」・「固有性」と、それぞれのアーティストが持つそれらが重なり合うことで、アーティストの視点を通した新しい太宰府や太宰府天満宮の一面が映し出されます。

これらは新たな文化や歴史として、ここ太宰府の地から世界へ、そして未来へ向けて発信されていきます。


今後の開催予定

太宰府天満宮アートプログラムvol.10 ピエール・ユイグ「ソトタマシイ」については、こちらをご覧ください



おすすめのページ

七五三祭
お子様の成長と健康を感謝し、今後ますますの健やかな成長を祈念する祭典です。「七五三祭」についてのご紹介です。
七五三祭
アート
四季折々の自然、境内でのお祭りや催し、訪れる人々の表情など。当宮や太宰府の「今」を表現したアルバムギャラリーです。
アート
斎田抜穂祭
神々に稲穂の収穫を感謝し、宮司自らが石包丁で金色の稲穂を刈り取ります。
斎田抜穂祭

ページの先頭へ戻る