宝物殿 第2展示室

展示室の情報をお知らせいたします。

明治維新150年太宰府幕末展

●開催期間
平成30年2月17日(土)~平成30年11月25日(日)

幕末の激動期、太宰府天満宮には京都から下った尊王攘夷派の公家 三条実美ら五卿がおよそ三年間滞留したことから、坂本龍馬や中岡慎太郎をはじめとする志士たちが数多く来訪し、新時代を見据えて談議が重ねられました。まさに、幕末史を語る上で欠かすことのできない太宰府にて、明治維新から百五十年の節目にあたる本年、「太宰府幕末展」を開催できることは大変意義深く、「維新の策源地」としての太宰府を再認識頂く機会となれば幸いです。
本展では、五卿や志士たちが残した和歌や手紙に焦点をあて、彼らの人となりや心情に寄り添います。家族を思いやる高杉晋作や攘夷実行を切望する久坂玄瑞の手紙、五卿の太宰府での生活を詳細に伝える記録や、交流のあった家々に伝わる和歌などの当宮収蔵品の他、縁ある方々に西郷隆盛、月形洗蔵、野村望東尼に関する資料をお借りし一挙に公開いたします。

3、長州藩をめぐる福岡藩と薩摩藩の動き
   ・西郷隆盛書状 慶応年間(村山下総宛) 個人蔵 ~4月15日(日)まで公開
   ・西郷隆盛ほか和歌・漢詩 江戸時代後期 個人蔵  ほか

4、太宰府での五卿
   ・大鳥居信全書状 慶応元年(野村助作宛)福岡市博物館所蔵   
   ・野村望東尼書状 慶応元年(大鳥居信全宛)
   ・四卿和歌寄書  慶応年間  ほか

5、大政奉還ー五卿の帰京
   ・菊花紋蒔絵鞍・鐙 元和7年 三条実美所用
   ・三条実美像    江戸時代後期 個人蔵  ほか
 


年間スケジュール

フィンランド・テキスタイルアート~季節が織りなす光と影

●開催期間:平成25年12月1日(日)~平成25年3月10日(日)

詳細をみる 【PDF】

「フィンランド・テキスタイルアート~季節が織りなす光と影」公式サイト

太宰府とその周辺の出土品展
天神さまと連歌

企画展「天神さまと連歌」について

竈門神社肇祀1350年記念 山の神々–九州の霊峰と神祇信仰–

詳細をみる 【PDF】

「竈門神社肇祀1350年記念 山の神々–九州の霊峰と神祇信仰–」について

天神縁起の世界

●開催期間:平成25年12月8日(日)~平成26年4月20日(日)

神さまはどこ?酒井咲帆・前田景 写真展

●開催期間:平成26年4月26日(土)~平成26年9月7日(日)

「神さまはどこ?酒井咲帆・前田景 写真展」特設サイト

西島伊三雄 画 絵本『てんじんさま』原画展

詳細をみる 【PDF】

天神さま縁起・御画像展

●開催期間:平成26年12月6日(土)~平成27年4月19日(日)

ホンマタカシ「Seeing Itself-見えないものを見る」

●開催期間:平成27年4月26日(日)~平成28年8月30日(火)

受け継がれる宝物と夢ー太宰府博覧会から140年

●開催期間(予定):平成27年9月8日(火)~平成28年5月8日(日)

天満宮の風景‐いま・むかし

●開催期間:平成28年5月14日(土)~平成29年1月22日(日)

宝物殿第二展示室

「鹿児島睦の造形展」関連展示

●開催期間:平成29年1月28日(土)~平成29年3月12日(日)

#鹿児島睦展

天神さまと梅

●開催期間:平成29年3月18日(土)~平成29年9月3日(日)

明治維新150年太宰府幕末展

●開催期間:平成30年2月17日(土)~平成30年11月25日(日)

詳細をみる 【PDF】

関連イベントのお知らせはこちら


その他の展示室

第1展示室

幕末の激動期、太宰府天満宮には京都から下った尊王攘夷派の公家 三条実美ら五卿がおよそ三年間滞留したことから、坂本龍馬や中岡慎太郎をはじめとする志士たちが数多く来訪し、新時代を見据えて談議が重ねられました。まさに、幕末史を語る上で欠かすことのできない太宰府にて、明治維新から百五十年の節目にあたる本年、「太宰府幕末展」を開催できることは大変意義深く、「維新の策源地」としての太宰府を再認識頂く機会となれば幸いです。
 本展では、五卿や志士たちが残した和歌や手紙に焦点をあて、彼らの人となりや心情に寄り添います。家族を思いやる高杉晋作や攘夷実行を切望する久坂玄瑞の手紙、五卿の太宰府での生活を詳細に伝える記録や、交流のあった家々に伝わる和歌などの当宮収蔵品の他、縁ある方々に西郷隆盛、月形洗蔵、野村望東尼に関する資料をお借りし一挙に公開いたします。

1、延寿王院と大鳥居(西高辻)信全
   ・西高辻信全肖像画 吉嗣梅仙 筆、近代
   ・黒田斉溥和歌   安政5年 ほか

2、五卿遷座前の太宰府、七卿落ち
   ・七卿都落之図  近代
   ・平野国臣和歌  江戸時代
   ・月照和歌    江戸時代

企画展示室

●開催期間
平成30年7月7日(土)~平成30年11月25日(日)
日本画家 神戸智行(かんべ・ともゆき 昭和50年生)は、古典技術や技法に則りながら、研鑚を重ね、自ら編み出した技法、つまり、下地に箔を敷き詰めた上に彩色、極薄の和紙、また彩色を施し、何層にもこれを繰り返すことで、生まれる画面の独特の空気感や遠近感で知られます。そこに広がる小さな生物の営みに見てとれる壮大な世界観は、万物に神が宿るという神道の概念にも通じています。
本展では、菅原道真公1125年太宰府天満宮式年大祭を9年後に控え、太宰府に居を写した神戸が取り組む、太宰府天満宮文書館の24面の襖絵の習作の他、平成23年の太宰府天満宮アートプログラムvol.7神戸智行「イノセント・ワールド」以来、当宮が収集してきた神戸作品をご紹介いたします。

神戸智行プロフィール
昭和50年(1975)岐阜県生まれ、平成13年(2001)多摩美術大学大学院日本画専攻修了、平成20年(2008)文化庁在外研修員として、1年間ボストンで研修、平成22年(2010)「DOMANI・明日展 未来を担う美術家たち<文化庁芸術家在外研修の成果>」(国立新美術館/六本木)、平成23年(2011)太宰府天満宮アートプログラムvol.7神戸智行展「イノセント・ワールド」(太宰府天満宮)他、個展・グループ展多数。
現在、太宰府市在住。


神戸智行「陽のあたる場所」 


おすすめのページ

今に伝わる天神信仰
時代と共に変遷してきた天神信仰。そして現在も、天神さまは世界中の人々から親しまれています。
今に伝わる天神信仰
大祓式
日常の穢れをお祓いし、日々のご生活を健やかに過ごせるようにお祈りします。「大祓式」のご案内です。
大祓式
アートプログラム
アートと天神さま、アートと太宰府天満宮、アートと太宰府。「太宰府天満宮アートプログラム」をご紹介します。
アートプログラム

ページの先頭へ戻る