宝物殿 第2展示室

展示室の情報をお知らせいたします。

現在企画展示室では展示会が行われておりません。


年間スケジュール

フィンランド・テキスタイルアート~季節が織りなす光と影

●開催期間:平成25年12月1日(日)~平成25年3月10日(日)

詳細をみる 【PDF】

「フィンランド・テキスタイルアート~季節が織りなす光と影」公式サイト

太宰府とその周辺の出土品展
天神さまと連歌

企画展「天神さまと連歌」について

竈門神社肇祀1350年記念 山の神々–九州の霊峰と神祇信仰–

詳細をみる 【PDF】

「竈門神社肇祀1350年記念 山の神々–九州の霊峰と神祇信仰–」について

天神縁起の世界

●開催期間:平成25年12月8日(日)~平成26年4月20日(日)

神さまはどこ?酒井咲帆・前田景 写真展

●開催期間:平成26年4月26日(土)~平成26年9月7日(日)

「神さまはどこ?酒井咲帆・前田景 写真展」特設サイト

西島伊三雄 画 絵本『てんじんさま』原画展

詳細をみる 【PDF】

天神さま縁起・御画像展

●開催期間:平成26年12月6日(土)~平成27年4月19日(日)

ホンマタカシ「Seeing Itself-見えないものを見る」

●開催期間:平成27年4月26日(日)~平成28年8月30日(火)

受け継がれる宝物と夢ー太宰府博覧会から140年

●開催期間(予定):平成27年9月8日(火)~平成28年5月8日(日)

天満宮の風景‐いま・むかし

●開催期間:平成28年5月14日(土)~平成28年12月4日(日)

宝物殿第二展示室


その他の展示室

第1展示室

太宰府天満宮が御祭神・菅原道真公(天神さま)の聖廟として創建され1100年、その悠久なる歴史の中で
天満宮は、平安時代からの庶民による信仰はもとより、大宰府官人や武将による庇護を受け、文化人・学者の聖地として崇められてきました。
また、幕末の志士が集い維新の策源地となるなど、それぞれの時代で人々の精神的な拠り所かつ政治的な要所としての役割を担ってきました。
ここでは、御本殿、楼門を再建した小早川隆景、石田三成の書状や、大谷形部吉継奉納の鏡、三条実美の鎧など、天神信仰の証として天満宮に奉納された品々をはじめ、大切に伝えられてきた貴重な資料を紹介します。


※(写真)鶴亀文懸鏡 大谷形部吉嗣 奉納

企画展示室

開催期間
平成28年10月29日(土)~12月18日(日)

OTANI NIEUWENHUIZEとは、日本人写真家 大谷臣史とオランダ人写真家 ヨハン・ニューウェンハウゼが、観光客の視点から、文化が「消費」される場所つまり、観光地を撮ることで日蘭の文化や文化観光を読み解く新しいプロジェクトです。
撮影地としては、オランダではアムステルダム国立美術館、テーマパークのエフテリング、日本、九州では太宰府天満宮、出島、旧オランダ商館、さらに日蘭両国の文化を象徴するハウステンボスが選ばれました。
各地では、二人での撮影と単独の撮影を交互に繰り返すことによって、その場所についてより集積した記憶が生まれます。それぞれに撮った写真をカードゲームの手札を相手に明かすように出し合って選定することにより、個別に切り取られた景色には新たな文脈が加わり、二人の作品としての最終的な形が決まるのです。
果たして文化の聖地 太宰府天満宮で、彼らの作品と対峙する私たちは、どのようなストーリーを見出すのでしょう。

展覧会概要
会期:平成28年10月29日(土)~12月18日(日)月曜休館
時間:9:00~16:30(入館は16:00まで)
観覧料:一般400(300)円 高大生200(100)円 小中生100(50)円
※( )内は30名以上の団体料金、障害者手帳提示により付添者1名まで半額料金
会場:太宰府天満宮宝物殿 第3展示室
主催:太宰府天満宮
助成:モンドリアン財団、オランダ王国大使館、オランダ&九州プログラム、
Stroom Den Haag、The Shareholders
協力:ダッチ・カルチャー、Fonds Kwadraat、POST、Tique
www.otaninieuwenhuize.com

関連イベント
オープニングレセプション・アーティストトーク
日時:平成28年10月29日18:00~20:00


OTANI NIEUWENHUIZE is a new collaborative photo project by Japanese photographer Shinji Otani (1972) and Dutch photographer Johan Nieuwenhuize (1980). Shinji Otani and Johan Nieuwenhuize recognize a similar state of mind in each other’s work. They share a large overlap in working methods, but their concepts and fascinations differ a lot. Both lens-based artists walk the city and take their images instinctively and continuously. Both work from their own image archive and combine images made in different cities and from different periods. Otani works from a documentary perspective, Nieuwenhuize deals with his subject in an abstract manner.
The transactive memory theory shows us that people working in duo’s or groups build up a larger collective memory than do two individuals. When two friends walk a city they remember things selectively, subconsciously depending on the other to remember the other things for them.The artists investigate the collective memory developing between the two of them, when they photograph the same subject at the same day.
With their project ‘OTANI NIEUWENHUIZE’, the artists look into Japanese and Dutch culture and into cultural tourism. Behaving as tourists themselves they photograph places where culture is being “consumed”. In the Netherlands they visit the Rijksmuseum in Amsterdam and De Efteling in Kaatsheuvel. In Japan they visit the Dazaifu Tenmangu Shrine and the historic site of the former Dutch trading post Dejima in Nagasaki. The fifth location is amusement park Huis ten Bosch in Nagasaki, which represents both Japanese and Dutch culture.
After the solo exhibition of the project at POST, Tokyo in September 30 – October 23, 2016, ‘OTANI IEUWENHUIZE’ at the Dazaifu Shrine Museum will be the first museum solo exhibition and the very first opportunity for us to grasp the entire project. Almost 30 works containing 60 photographs will be unveiled.

Dazaifu Tenmangu Shrine Museum
The Shinto shrine of Dazaifu Tenmangu has been located in Fukuoka, Kyushu, Japan since 905. In 1928 the shrine celebrated the 1,025th anniversary of the death of the deity, Michizane Sugawara, and built the shrine museum. This museum has many notable collections of the shrine’s art and historical objects. Several of which are designated as national treasure and important cultural property.
The museum mainly shows its permanent collections, but has been dedicated to international design events such as the Finnish textile art exhibition in 2012, Danish flower artist Nicolai Bergmann's floral exhibition in 2014 / 2016 and the upcoming exhibition of world renowned potter Kagoshima Makoto in 2017.
Since 2006 the museum runs its internationally recognized ‘Dazaifu Tenmangu Art Program’. This program recently included Ryan Gander’s ‘You have my word’, 2011, Simon Fujiwara’s ‘The Problem of the Rock’, 2013 and Takashi Homma's ‘Seeing Itself’, 2015.

Exhibition Information
Period: October 29th - December 18th 2016
Open hours: 9:00 – 16:30 (Ticket available until 16:00) Closed on Mondays
Venue: Dazaifu Tenmangu Shrine Museum Special Exhibition Room
4-7-1 Saifu Dazaifu Fukuoka 818-0195 Japan
Admission: Adult \400 (300) / University, College and High school Student/
\200 (100) Junior and Junior High School Student \100 (50)
* ( ) Price for a group over 30 people
*Half fare by showing disabled certificate up to one attendant.
This exhibition is organized by the Dazaifu Tenmangu Shrine.
Funded by the Mondriaan Fund, the Embassy of the Kingdom of the Netherlands, the Holland Kyushu / Japan program, Stroom Den Haag, the Shareholders
Supported by the Dutch Culture, Fonds Kwadraat, POST, Tique

Reception for the artists and Artists’ talk at Dazaifu Tenmangu Shrine Museum
October 29th, 2016 18:00~20:00


Photo
C-prints on Canson Photo Rag paper, 40x30cm each, mounted on Dibond with protective coating, on maple wooden beam.
©2016 Courtesy Shinji Otani and Johan Nieuwenhuize


おすすめのページ

斎田御田植祭
稲穂が無事に秋の実りを迎えられるように、「斎田御田植祭」が斎行されます。
斎田御田植祭
夏の天神まつり
天神さまのご生誕をお祝いし、また皆さまが暑い夏を無事にお過しできるようにお祈りする「夏越祓え」の神事です。
夏の天神まつり
鷽替え・鬼すべ神事
日々の幸せをお祈りし、一年間の災難消除を祈願します。「鷽替え・鬼すべ神事」のご紹介です。
鷽替え・鬼すべ神事

ページの先頭へ戻る