宝物殿 第2展示室

展示室の情報をお知らせいたします。

天神さまと梅

●開催期間
平成29年3月18日(土)~平成29年9月3日(日)

「東風吹かば 匂ひおこせよ梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ」

この和歌は、太宰府天満宮の御祭神 菅原道真公が京都を離れる際に自邸の梅の木に向けて詠まれたものです。主との別れを惜しんだ梅の木が一夜にして大宰府まで飛んできたという「飛梅」伝説が生まれ、天満宮の御神木として、今の世に伝わっています。
道真公がこよなく愛された梅は、「天神さま」の象徴として、御神紋はもちろん、境内の様々な意匠に見てとれます。また天神縁起などの史料の他、天満宮に伝わる数多くの文化財には梅にまつわる記述、描画、造形が施されており、ここでは、その一部をご紹介いたします。

※写真:「天満宮縁起画伝」(部分)南庭出現
泊守治 筆、江戸時代


年間スケジュール

フィンランド・テキスタイルアート~季節が織りなす光と影

●開催期間:平成25年12月1日(日)~平成25年3月10日(日)

詳細をみる 【PDF】

「フィンランド・テキスタイルアート~季節が織りなす光と影」公式サイト

太宰府とその周辺の出土品展
天神さまと連歌

企画展「天神さまと連歌」について

竈門神社肇祀1350年記念 山の神々–九州の霊峰と神祇信仰–

詳細をみる 【PDF】

「竈門神社肇祀1350年記念 山の神々–九州の霊峰と神祇信仰–」について

天神縁起の世界

●開催期間:平成25年12月8日(日)~平成26年4月20日(日)

神さまはどこ?酒井咲帆・前田景 写真展

●開催期間:平成26年4月26日(土)~平成26年9月7日(日)

「神さまはどこ?酒井咲帆・前田景 写真展」特設サイト

西島伊三雄 画 絵本『てんじんさま』原画展

詳細をみる 【PDF】

天神さま縁起・御画像展

●開催期間:平成26年12月6日(土)~平成27年4月19日(日)

ホンマタカシ「Seeing Itself-見えないものを見る」

●開催期間:平成27年4月26日(日)~平成28年8月30日(火)

受け継がれる宝物と夢ー太宰府博覧会から140年

●開催期間(予定):平成27年9月8日(火)~平成28年5月8日(日)

天満宮の風景‐いま・むかし

●開催期間:平成28年5月14日(土)~平成29年1月22日(日)

宝物殿第二展示室

「鹿児島睦の造形展」関連展示

●開催期間:平成29年1月28日(土)~平成29年3月12日(日)

#鹿児島睦展

天神さまと梅

●開催期間:平成29年3月18日(土)~平成29年9月3日(日)


その他の展示室

第1展示室

太宰府天満宮が御祭神・菅原道真公(天神さま)の聖廟として創建され1100年、その悠久なる歴史の中で
天満宮は、平安時代からの庶民による信仰はもとより、大宰府官人や武将による庇護を受け、文化人・学者の聖地として崇められてきました。
また、幕末の志士が集い維新の策源地となるなど、それぞれの時代で人々の精神的な拠り所かつ政治的な要所としての役割を担ってきました。
ここでは、中世、九州を平定した豊臣秀吉や御本殿を再建した小早川隆景の書状、大谷形部吉継奉納の鏡、三条実美の鎧など、天神信仰の証として天満宮に奉納された品々をはじめ、大切に伝えられてきた貴重な資料を紹介します。


※(写真)鶴亀文懸鏡 大谷形部吉継 奉納

企画展示室

本展では、コレクションの中から、梅をはじめとした境内でも見ることのできる植物を題材に描かれた日本画の作品を紹介いたします。
作家特有の筆使いや技法により繰り広げられる、美しい世界をぜひご堪能ください。

◇出展作家(展示順)
笠青峰
石踊達哉
浜田泰介
冨田典姫
神戸智行
小田部正邦
那波多目功一
吉田善彦

小野茂明
重岡良子
平山郁夫

◇写真:「一瞬の永遠」(左隻)神戸智行


おすすめのページ

ご祈願・お守り
当宮では、皆さまのお願いごとが叶いますよう、さまざまな祈願祭を斎行しております。
ご祈願・お守り
斎田抜穂祭
神々に稲穂の収穫を感謝し、宮司自らが石包丁で金色の稲穂を刈り取ります。
斎田抜穂祭
神幸式大祭
天神さまの御神霊をお慰めするとともに、皇室のご安泰と国家の平安、さらには五穀豊穣を感謝する秋祭りです。
神幸式大祭

ページの先頭へ戻る