宝物殿 第1展示室

展示室の情報をお知らせいたします。

天神さまへの献上品

太宰府天満宮が御祭神・菅原道真公(天神さま)の聖廟として創建され1100年、その悠久なる歴史の中で
天満宮は、平安時代からの庶民による信仰はもとより、大宰府官人や武将による庇護を受け、文化人・学者の聖地として崇められてきました。
また、幕末の志士が集い維新の策源地となるなど、それぞれの時代で人々の精神的な拠り所かつ政治的な要所としての役割を担ってきました。
ここでは、中世、九州を平定した豊臣秀吉や御本殿を再建した小早川隆景の書状、大谷形部吉継奉納の鏡、三条実美の鎧など、天神信仰の証として天満宮に奉納された品々をはじめ、大切に伝えられてきた貴重な資料を紹介します。


※(写真)鶴亀文懸鏡 大谷形部吉継 奉納


年間スケジュール

黒田家ゆかりの品々

●開催期間:平成25年12月8日(日)~平成27年1月18日(日)

天神さまへの献上品
天神さまへの献上品

その他の展示室

第2展示室

「東風吹かば 匂ひおこせよ梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ」

この和歌は、太宰府天満宮の御祭神 菅原道真公が京都を離れる際に自邸の梅の木に向けて詠まれたものです。主との別れを惜しんだ梅の木が一夜にして大宰府まで飛んできたという「飛梅」伝説が生まれ、天満宮の御神木として、今の世に伝わっています。
道真公がこよなく愛された梅は、「天神さま」の象徴として、御神紋はもちろん、境内の様々な意匠に見てとれます。また天神縁起などの史料の他、天満宮に伝わる数多くの文化財には梅にまつわる記述、描画、造形が施されており、ここでは、その一部をご紹介いたします。

※写真:「天満宮縁起画伝」(部分)南庭出現
泊守治 筆、江戸時代

企画展示室

平成29年(2017)11月26日より、太宰府天満宮では、フランス人アーティスト ピエール・ユイグ(1962年生)により当宮のためにつくられた新作の「庭」を公開します。
「神社の庭」としての境内を実際に歩き、宝物殿に展示されている境内図等の資料を眺め、千百余年にわたるその変遷に想像をめぐらせて構想された本作は、ドクメンタ13(2012年)の「Untilled 未耕作地」プロジェクトでも作家が取り組んだ、自然と人為の関係性への考察を背景としています。
企画展示室では、天満宮所蔵の境内図とともに、本作のドローイングを展示します。

主催:太宰府天満宮
助成:アンスティチュ・フランセ九州
協力:TARO NASU
お問い合わせ:太宰府天満宮文化研究所 (電話)092-922-8551(9時~17時)


おすすめのページ

七夕の宴
御門内には二万本以上もの短冊が下げられ、太鼓橋から御本殿までの参道を七夕飾りで彩ります。
七夕の宴
人生儀礼
人生のさまざまな節目には、天神さまに手を合わせ、お祈りを捧げましょう。
人生儀礼
特別受験合格祈願大祭
当時学者として最高の位であった文章博士に登用されたことにちなみ、「特別受験合格祈願大祭」が斎行されます。
特別受験合格祈願大祭

ページの先頭へ戻る