宝物殿 第1展示室

展示室の情報をお知らせいたします。

明治維新150年太宰府幕末展

●開催期間
平成30年2月17日(土)~平成30年11月25日(日)

幕末の激動期、太宰府天満宮には京都から下った尊王攘夷派の公家 三条実美ら五卿がおよそ三年間滞留したことから、坂本龍馬や中岡慎太郎をはじめとする志士たちが数多く来訪し、新時代を見据えて談議が重ねられました。まさに、幕末史を語る上で欠かすことのできない太宰府にて、明治維新から百五十年の節目にあたる本年、「太宰府幕末展」を開催できることは大変意義深く、「維新の策源地」としての太宰府を再認識頂く機会となれば幸いです。
 本展では、五卿や志士たちが残した和歌や手紙に焦点をあて、彼らの人となりや心情に寄り添います。家族を思いやる高杉晋作や攘夷実行を切望する久坂玄瑞の手紙、五卿の太宰府での生活を詳細に伝える記録や、交流のあった家々に伝わる和歌などの当宮収蔵品の他、縁ある方々に西郷隆盛、月形洗蔵、野村望東尼に関する資料をお借りし一挙に公開いたします。

1、延寿王院と大鳥居(西高辻)信全
   ・西高辻信全肖像画 吉嗣梅仙 筆、近代
   ・黒田斉溥和歌   安政5年 ほか

2、五卿遷座前の太宰府、七卿落ち
   ・七卿都落之図  近代
   ・平野国臣和歌  江戸時代
   ・月照和歌    江戸時代


年間スケジュール

黒田家ゆかりの品々

●開催期間:平成25年12月8日(日)~平成27年1月18日(日)

天神さまへの献上品
天神さまへの献上品
明治維新150年太宰府幕末展

●開催期間:平成30年2月17日(土)~平成30年11月25日(日)

詳細をみる 【PDF】


その他の展示室

第2展示室

幕末の激動期、太宰府天満宮には京都から下った尊王攘夷派の公家 三条実美ら五卿がおよそ三年間滞留したことから、坂本龍馬や中岡慎太郎をはじめとする志士たちが数多く来訪し、新時代を見据えて談議が重ねられました。まさに、幕末史を語る上で欠かすことのできない太宰府にて、明治維新から百五十年の節目にあたる本年、「太宰府幕末展」を開催できることは大変意義深く、「維新の策源地」としての太宰府を再認識頂く機会となれば幸いです。
本展では、五卿や志士たちが残した和歌や手紙に焦点をあて、彼らの人となりや心情に寄り添います。家族を思いやる高杉晋作や攘夷実行を切望する久坂玄瑞の手紙、五卿の太宰府での生活を詳細に伝える記録や、交流のあった家々に伝わる和歌などの当宮収蔵品の他、縁ある方々に西郷隆盛、月形洗蔵、野村望東尼に関する資料をお借りし一挙に公開いたします。

3、長州藩をめぐる福岡藩と薩摩藩の動き
   ・西郷隆盛書状 慶応年間(村山下総宛) 個人蔵 ~4月15日(日)まで公開
   ・西郷隆盛ほか和歌・漢詩 江戸時代後期 個人蔵  ほか

4、太宰府での五卿
   ・大鳥居信全書状 慶応元年(野村助作宛)福岡市博物館所蔵   
   ・野村望東尼書状 慶応元年(大鳥居信全宛)
   ・四卿和歌寄書  慶応年間  ほか

5、大政奉還ー五卿の帰京
   ・菊花紋蒔絵鞍・鐙 元和7年 三条実美所用
   ・三条実美像    江戸時代後期 個人蔵  ほか
 

企画展示室

太宰府天満宮では、平成30年5月12日(土)から7月1日(日)まで、フィンランドとつながりの深い二人の日本人アーティスト 陶芸家 石本藤雄、写真家 津田直それぞれの個展からなる「太宰府、フィンランド、夏の気配。」を開催いたします。
宝物殿では「実のかたち」と題し、太宰府天満宮の象徴である梅の実や夏に旬を迎える冬瓜、あるいはヤマモモ、ブドウ、木苺、南天の実をモチーフとした石本藤雄の陶器作品を、そして文書館では「辺つ方( へつべ) の休息」と題して、北欧の人々が短い夏を楽しむサマーコテージやフィンランドの離島に到来する初夏を写し取った津田直の写真作品を展示いたします。それぞれの作家が向けるまなざしを通して、自然が息づく夏のはじまりをご体感ください。

写真 ©Chikako Harada/Fujiwo Ishimoto


おすすめのページ

古都 大宰府の歴史
豊かな自然と多くの文化遺産に恵まれた大宰府の歴史、当宮周辺の史跡をご紹介します。
古都 大宰府の歴史
鷽替え・鬼すべ神事
日々の幸せをお祈りし、一年間の災難消除を祈願します。「鷽替え・鬼すべ神事」のご紹介です。
鷽替え・鬼すべ神事
ちびっ子夢ひろば
歌・踊り・舞など、夢にむかって頑張る子供たちの芸能発表会です。また、縁日コーナーもあり、楽しい一時を過ごすことができます。
ちびっ子夢ひろば

ページの先頭へ戻る