太宰府天満宮とアートの歴史

古くからアートと深い関わりのある太宰府天満宮。
九州国立博物館の誘致や現代アートの展覧会の開催など、今に続く歴史をご紹介します。


アートとの関係が深い天神さま

当宮のご祭神 菅原道真公(天神さま)は、「学問の神様」のほか「文化の神様」としても古くから崇められています。
このような信仰が広まった背景には、時代ごとに人々の間で重んじられた思想や文化などが影響していました。
さらに、和歌や連歌、歌舞伎、書画のご奉納を通じて、太宰府天満宮は文芸・芸能・芸術、いわゆるアートと関係が深くなっていきました。

また、天神さまをご崇敬するにあたり、そのお姿を描いた御画像、縁起絵巻、ご祈願のための絵馬など、その時代を生きる作家たちが渾身の作品を天神さまにご奉納してきました。
その中でも、奉納絵馬は九州屈指の質量を誇り、それを掲げた絵馬堂はギャラリーとしての役割を果たしています。


九州国立博物館開館へ道のり

当宮から歩いて5分の隣接地に九州国立博物館があります。

平成17年(2005)に開館したこの博物館の誘致には、実は太宰府天満宮が深く関わっていました。

博物館誘致の起源は、36代宮司西高辻信厳のぶかねらにより明治6年(1873)、7年(1874)、8年(1875)の3度にわたって開催された太宰府博覧会に遡ります。

従来、神社などの宝物が一般に公開されることは稀であり、身近に芸術に触れる機会を提供した先進的な試みとして、とても注目されました。

その20年後の明治26年(1893)に、この博覧会の思想を受け継ぎ、太宰府天満宮を中心に、太宰府に「鎮西博物館」設置を求める提言がなされ、政府より許可されました。これは、日清戦争の勃発により実現には至りませんでしたが、九州国立博物館設置のきっかけとされている明治30年(1897)の岡倉天心による提唱に先立つものでした。

博物館誘致の運動は、その後も地元の人々や太宰府天満宮、西高辻宮司家(38代信貞、39代信良)に引き継がれました。
昭和46年(1971)には、博物館用地として当宮より5万坪の境内地が福岡県に寄付され、その後も数々の努力が続けられ、遂に九州国立博物館の開館が叶いました。

九州国立博物館 公式ホームページ


現代アートの発信拠点としての天満宮

いつの時代も文化の発信地として世の注目を集めてきた太宰府。

現在も、さまざまな分野で活躍中の文化人・アーティストを惹きつけてやみません。
平成18年(2006)からは太宰府・太宰府天満宮の魅力をさらに引き出し広めるため、アーティストが太宰府での取材・滞在を経て特別に制作した作品を発表する「太宰府天満宮アートプログラム」を展開しています。

このプログラムは、太宰府天満宮がこれまで、その時々の最先端のアートを受容し、対外的に広く発信してきたことを引き継ぐ試みで、これから100年、1,000年先の未来を見据えた太宰府天満宮の姿勢を、世界に向けて具体的に示すものです。太宰府天満宮と世の中の今を映す「現代アート」は、とても自然な関係で結ばれているといえます。

古来よりアジアの玄関口として文明が交差した地である太宰府。その中にあって、「文化の神様」である菅原道真公をお祀りする太宰府天満宮。

これから先もずっと、太宰府天満宮はさらなる文化の歴史を築いていく発信拠点として積極的に活動していきます。

アートプログラム


おすすめのページ

ご祈願・お守り
当宮では、皆さまのお願いごとが叶いますよう、さまざまな祈願祭を斎行しております。
ご祈願・お守り
アート
四季折々の自然、境内でのお祭りや催し、訪れる人々の表情など。当宮や太宰府の「今」を表現したアルバムギャラリーです。
アート
受験合格・就職成就祈願
「学問の神様」と慕われる天神さまのご神徳をいただかれ、受験合格のさまざまな目標が達成できますよう祈願いたします。
受験合格・就職成就祈願

ページの先頭へ戻る